NHK「100分de名著」動画のおすすめ視聴方法【無料体験も】

[100分de名著 動画配信サービス

NHK「100分de名著」の過去放送分を視聴するおススメの方法(NHKオンデマンド)

 

お悩み中
お悩み中

NHKの「100分de名著」の過去放送分を見たい。お得に見られる方法とかあれば知りたい。

 

こんなお悩みにお答えします。

この記事の内容
  • NHK番組「100分de名著」の過去放送分が見られるサービスとして「NHKオンデマンド」を紹介します(おすすめの視聴方法、無料体験)。

日本や海外の古典や名作を、1作品25分×4回でサクッと分かりやすく解説してくれるNHKEテレ(教育)の「100分de名著」。

 

これまでに100作品以上の「名著」が取り上げられています。

 

そんな過去に放送された作品を見たいとなると、今の時点ではインターネット配信「NHKオンデマンド」が唯一の視聴手段になります。DVDなどは発売、レンタルされていません。

 

そこで、ここでは「NHKオンデマンド」で「100分de名著」を見るおすすめの方法や無料体験について紹介していきます。

 

【NHK「100分de名著」の基本情報

一度は読みたいと思いながらも、手に取ることをためらってしまったり、途中で挫折してしまった古今東西の“名著”。
この番組では難解な1冊の名著を、25分×4回、つまり100分で読み解いていきます。
プレゼン上手なゲストによるわかりやすい解説に加え、アニメーション、紙芝居、コントなどなど、あの手この手の演出を駆使して、奥深い“名著”の世界に迫ります。

 

「100分de名著」最新回のテレビ放送・インターネット配信日程

本放送 Eテレ 【毎週月曜日】夜22:25~22:50
再放送 Eテレ 【毎週水曜日】朝5:30~5:55
【毎週水曜日】昼0:00~0:25
インターネット NHKプラス テレビ放送(本放送・再放送)と同時配信、本放送終了後7日間配信。
NHKオンデマンド 本放送の翌日(火曜日)より配信開始。
※全てとは限りません。

「100分de名著」の最新回は、月曜日の本放送を見逃したり、録画に失敗しても、水曜日に2回、再放送で見られるチャンスがあります。

 

ただ、本放送も再放送も、ちょっと見づらい(忘れやすい)時間帯なのが難点。

 

その点、インターネット配信の「NHKプラス」は、7日間限定ですが、スマホやパソコンで、あなたの都合のいいときに見られるので便利です。

 

「NHKプラス」は無料で利用できます。ただし、利用登録と受信料の支払い(受信契約)が必要です。受信料を現在支払っている世帯でしたら、新たな負担なしで、最大5台の機器(スマホやパソコンなど)で使えるようになります。

 

「NHKプラス」の詳細や手続きは公式サイトで確認ください。

 

「100分de名著」の過去の放送回については、有料の「NHKオンデマンド」という配信サービスで視聴できます(後述します)。

 

NHK「100分de名著」の番組テキスト定期購読

 

「100分de名著」の番組テキスト

「100分de名著」では、番組に合わせて毎月テキストが発売されています(紙版、電子版)。

 

語りかけるような読みやすい文章と写真、図表を駆使した構成で、作品によっては、より理解を深められます。読書感想文やレポートの作成にも役立ちますよ。

 

定期購読するほどでもないと思いますが、僕の近所にある中規模の本屋では意外と売り切れていることがあります。バックナンバーを含めて、本屋に無ければ通販で買えます。

⇒「100分de名著」番組テキストについて

 

過去の「100分de名著」は「NHKオンデマンド」で

NHK「100分de名著」の過去放送分を視聴できる「NHKオンデマンド」とは?

 

「NHKオンデマンド」とは?

過去に放送された「100分de名著」は、「NHKオンデマンド」で見ることができます。

 

「NHKオンデマンド」は、NHKが運営するインターネット動画配信サービスです。これまで地上波放送と衛星放送で放送された番組のなかから「選抜」された約7,000本を配信しています。

 

「NHKオンデマンド」の会員になると、いつでも好きなときに番組を選んで、スマホやパソコンで視聴できます。

 

なお、配信の番組は不定期に入れ替えが行われます(番組ごとに配信期限が表示されています)。

 

「NHKオンデマンド」で見られる「100分de名著」

「NHKオンデマンド」で配信されている「100分de名著」は表のようになっています。

 

全ての放送回の約9割を見ることができます。

 

「NHKオンデマンド」で見られる「100分de名著」(2021年3月現在)

※「◆」は配信されていません(見られません)。

名著01「ツァラトゥストラ」ニーチェ
名著02「論語」孔子
◆名著03「マネジメント」ドラッカー
名著04「学問のすゝめ」福沢諭吉
名著05「真理のことば」ブッダ
名著06「君主論」マキャベリ
名著07「幸福論」アラン
名著08「銀河鉄道の夜」宮沢賢治
名著09「徒然草」兼好法師
名著10「武士道」新渡戸稲造
名著11「源氏物語」紫式部
名著12「変身」カフカ
名著13「パンセ」パスカル
名著14「夜と霧」フランクル
名著15「かもめ」チェーホフ
名著16「方丈記」鴨長明
名著17「相対性理論」アインシュタイン
名著18「星の王子さま」サンテグジュペリ
名著19「般若心経」
◆名著20「モンテ・クリスト伯」デュマ
名著21「こころ」夏目漱石
名著22「老子」
名著23「戦争と平和」トルストイ
名著24「饗宴」プラトン
名著25「古事記」
名著26「おくのほそ道」松尾芭蕉
名著27「アラビアンナイト」
名著28「罪と罰」
◆【スペシャル】幸福論「国富論」アダムスミス、「好色一代男/好色一代女」井原西鶴、「精神現象学」ヘーゲル、「精神分析入門」フロイト
名著29「風姿花伝」
◆名著30「愛するということ」エーリッヒ・フロム
名著31「孫子」孫武
名著32「万葉集」
名著33「旧約聖書」
名著34「遠野物語」柳田邦夫
名著35「ファーブル昆虫記」
名著36「アンネの日記」アンネ・フランク
名著37「枕草子」清少納言
名著38「菜根譚」洪自誠
名著39「ハムレット」シェークスピア
◆【スペシャル】日本人論「『いき』の構造」九鬼周造、「死者の書」折口信夫、「中空構造日本の深層」河合隼雄、「日本的霊性」鈴木大拙
名著40「茶の本」岡倉天心
名著41「フランケンシュタイン」メアリー・ジェリー
名著42ブッダ最期のことば
名著43「荘子」
名著44「オイディプス王」ソポクレス
名著45「日本の面影」小泉八雲
名著46「種の起源」ダーウィン
◆名著47「斜陽」太宰治
名著48「実存主義とは何か」サルトル
名著49「良寛詩歌集」
◆【スペシャル】平和論「人はなぜ戦争をするのか」フロイト、「日本永代蔵」井原西鶴、「地中海」ブローデル、「寛容論」ヴォルテール
名著50
「代表的日本人」内村鑑三
名著51「人生の意味の心理学」アドラー
名著52司馬遼太郎スペシャル、「国盗り物語」、「花神」、「『明治』という国家」、「この国のかたち」
名著53「歎異抄」
名著54「五輪書」宮本武蔵
名著55「エミール」ルソー
名著56「堕落論」坂口杏吾吾
名著57「永遠平和のために」カント
名著58「苦海浄土」石牟礼道子
名著59「正法眼蔵」道元
◆【スペシャル】手塚治虫「奇子」、「鉄腕アトム」、「リボンの騎士/MW」、「火の鳥鳳凰編」
名著60「野生の思考」レヴィ・ストロース
名著61「中原中也詩集」
名著62「獄中からの手紙」ガンディー
名著63宮沢賢治スペシャル
名著64「人生論ノート」三木清
名著65「三国志」陳寿
名著66「維摩教」
名著67「高慢と偏見」ジェイン・オースティン
名著68「野火」大岡昇平
名著69「全体主義の起源」ハンナ・アーレント
名著70「幸福論」ラッセル
名著71「ソラリス」スタニスワフ・レム
名著72「南洲翁遺訓」西郷隆盛
名著73「ノートル=ダム・ド・パリ」ユーゴ
名著74松本清張スペシャル
【スペシャル】メディア論「世論」リップマン、「『空気』の研究」山本七平、「イスラム報道」サイード、「一九八四年」オーウェル
名著75「法華経」
名著76「生きがいについて」神谷美恵子
名著77「ペスト」アルベール・カミュ
名著78河合隼雄スペシャル、「ユング心理学入門」「昔話と日本人の心」「神話と日本人の心」「ユング心理学と仏教」
名著79forティーンズ、「星の王子さま」サンテグジュペリ、「ソロモンの指環」ローレンツ、「走れメロス」太宰治、「百人一首」
名著80「薔薇の名前」ウンベルト・エーコ
◆【スペシャル】石ノ森章太郎「さるとびエッちゃん」「佐武と市捕物控」「サイボーグ009幻魔大戦」「仮面ライダー」
名著81「赤毛のアン」モンゴメリ
名著82「エチカ」スピノザ
名著83「風と共に去りぬ」マーガレット・ミッチェル
名著84「大衆の反逆」オルテガ
名著85夏目漱石スペシャル、「三四郎」「夢十夜」「道草」「明暗」
名著86「自省録」マルクス・アウレリウス
名著87「平家物語」
名著88「アルプスの少女ハイジ」シュピリ
名著89小松左京スペシャル、「地には平和を」「日本沈没」「ゴルディアスの結び目」「虚無回廊」
名著90「戦争論」カイヨワ
名著91「燃えあがる緑の木」大江健三郎
名著92「善の研究」西田幾太郎
名著93「カラマーゾフの兄弟」ドストエフスキー
【スペシャル】ナショナリズム「想像の共同体」アンダーソン、「君主論」マキャベリ、「昭和維新試論」橋川文三、「方舟さくら丸」安部公房
名著94「貞観政要」
◆名著95「力なき者たちの力」ハヴェル
◆名著96アーサー・C・クラークスペシャル、「太陽系最後の日」「幼年期の終わり」「都市と星」「楽園の泉」
名著97「ピノッキオの冒険」コッローディ
名著98「純粋理性批判」カント
名著99「共同幻想論」吉本隆明
名著100「モモ」ミヒャエル・エンデ
名著101「ペストの記憶」デフォー
名著102谷崎潤一郎スペシャル、「痴人の愛」「吉野葛」「春琴抄」「陰翳礼讃」
名著103「伊勢物語」
名著104「ディスタンクシオン」ピエール・ブルデュー
【スペシャル】萩尾望都「トーマの心臓」「半神/イグアナの娘」「バルバラ異界」「ポーの一族」
名著105「資本論」マルクス
名著106「黒い皮膚・白い仮面」フランツ・ファノン
名著107災害を考えるスペシャル、「天災と日本人」寺田寅彦、「先祖の話」柳田国男、「生の短さについて」セネカ、「14歳からの哲学」池田晶子
名著108「論語と算盤」渋沢栄一

※最新の配信状況は「NHKオンデマンド」で確認ください。

「100分de名著」の利用料金

「NHKオンデマンド」は有料サービスで、利用にあたっては、利用料金が必要です。

 

これは、「NHKオンデマンド」の運営に受信料が使われていない(使えない)ことによります。

 

逆に言えば、受信料の支払いや受信契約の状況に関係なく利用できるサービスです。

 

「NHKオンデマンド」の利用料金は、番組1本110円~220円です。「100分de名著」は、1回110円で3日間(72時間)視聴できます。

 

また、「100分de名著」を含めて、「NHKオンデマンド」で配信している全ての番組が好きなだけ見られる月額制の「まるごと見放題パック」(1ヶ月990円)もあります。

 

NHK「100分de名著」の過去放送分が視聴できる「NHKオンデマンド」の利用料金

「100分de名著」は、1つの作品を4回に分けて紹介するのが基本スタイルなので、ひと通り見ると利用料は440円かかります。

 

また、「100分de名著」の1回は25分と短め。サクッと見られるのがいいところですが、それで110円というのは、ちょっともったいない気がしないではありません。

 

このように考えると、月990円の「まるごと見放題パック」はコスパの良さが光ります。

 

料金を気にせずに「100分de名著」の一気見ができますし、もちろん、ほかの大河ドラマや朝の連続テレビ小説、NHKスペシャルなどの番組も見られます。

 

「まるごと見放題パック」の契約は、1か月単位(1日~末日)になっているので、見たい番組ある月だけ利用するといったことも可能です。

 

「NHKオンデマンド」のおすすめ視聴方法

NHK「100分de名著」の過去放送分を視聴するおススメ方法(NHKオンデマンド)

「NHKオンデマンド」の会員登録はNHK以外でも

過去の「100分de名著」がほとんど見られる「NHKオンデマンド」を利用するには、最初に会員登録(入会)が必要です。

 

そのうえで、スマホのアプリやパソコン画面で、見られるようになります。

 

会員登録は直接「NHKオンデマンド」(NHK)で行えますが、それ以外に、一部のケーブルテレビ会社や動画配信サービスでもできます。

NHKオンデマンドが利用できる主な他社(TV対応)
  • アクトビラ【ネット配信】(単独利用OK)
  • J:COM【ケーブルテレビ】(基本契約、専用機器が必要)
  • ひかりTV【ケーブルテレビ】(基本契約、専用機器が必要)
  • ビデオマーケット(単独利用OK)【ネット配信】
  • Gyao!(単独利用OK)【ネット配信】※4K非対応
  • アマゾン・プライムビデオ【ネット配信】(プライム会員への登録が必要)
  • U-NEXT(単独利用OK)【ネット配信】実質無料でお試しできます。

特にこだわりなどがなければ、「NHKオンデマンド」は他社での利用がおすすめです。

 

そのメリットの1つが、配信番組をテレビで見られることです。

 

「NHKオンデマンド」自体は、スマホやタブレット、パソコンでのみ対応で、テレビ視聴はできません。上記の他社では可能です。

 

このため、「100分de名著」など「NHKオンデマンド」の番組を、テレビの画面でも見たいのでしたら、NHK以外他社での登録が必須です。

 

そのほか、他社を利用するメリットとしては、スマホアプリの使い勝手が良いこと、NHK以外の動画も見られること、NHKに個人情報が知られないことなどが挙げられます。

 

 

「NHKオンデマンド」を無料でお試し体験

NHK「100分de名著」が視聴できる「NHKオンデマンド」の無料お試し体験

上で触れたように、「NHKオンデマンド」を利用できる動画配信サービスはいくつかありますが、なかでも「U-NEXT(ユーネクスト)」がおすすめです。

 

というのは、「U-NEXT」だけで「NHKオンデマンド」を実質無料でお試し体験ができるからです。

 

「NHKオンデマンド」が初めての人には、貴重なチャンス。無料体験だけでやめることも可能です。せっかくなので使わないと損。この際に、気になる「100分de名著」を一気に見るのもありです。

 

「U-NEXT」は、当然テレビ視聴にも対応していますし、スマホのアプリの使い勝手もいいです。こうしたことも、無料体験で実際に確認できるので安心です。

 

※「U-NEXT」は、約21万本の動画が見放題できる日本最大級の動画配信サービスです。「無料体験」は、「U-NEXT」を初めて利用者する人が対象です。

 

「NHKオンデマンド」を実質無料で試す方法

NHK「100分de名著」が視聴できるNHKオンデマンドをU-NEXTで無料でお試し

まず「U-NEXT」の専用サイト(下方にリンクがあります)から、月額プラン(通常2,189円)の無料お試し体験(31日間)に登録します。

U-NEXT(月額プラン)のサービス内容
  • 月額の利用料金は2,189円(税込)です。⇒初回31日間お試しで無料。
  • 動画約210,000本が見放題です(アダルト作品もあります)。
  • 雑誌約80種類の最新号(電子版)が読み放題です。
  • 毎月1,200円分のポイントが付与されます。⇒無料お試し中は1,000ポイント。
  • 最低利用期間はありません。月単位で解約できます。⇒無料お試しだけで解約もOK。

無料体験では、1,000ポイントがもらえます。

 

このポイントは、見放題以外の動画視聴や電子書籍の購入に使えるというものですが、「NHKオンデマンド」の料金にも充てることができます。

 

ミキマサ
ミキマサ

「U-NEXT」で、「NHKオンデマンド」の料金が無料になるわけでなく、付与されるポイントを使うことで、実質タダで「NHKオンデマンド」を見られるということになります。

 

ポイントで「100分de名著」の見たい回だけを単品購入してもいいですし、「まるごと見放題パック」(990円)でも大丈夫です。

 

無料お試し体験だけ利用して解約しても問題ありません。この場合は費用は発生しません(手続きが必要です)。

 

もちろん、継続もOK。そのまま「月額プラン+NHKオンデマンド」の両方でも、どちらかだけでも可能です。

 

月額プランを継続すると、毎月1,200ポイントが付与されます。「U-NEXT」の月額料金は発生しますが、「NHKオンデマンド」は引き続き、ポイントを使って、実質無料で利用できます。

 

つまり、「U-NEXT」の月額利用料だけで「NHKオンデマンド」も見られます。

U-NEXT無料体験の登録はココから

1,000ポイントの付与は、以下のリンク限定です。他のサイトでは600ポイントと少なくなります。注意してください。

 

U-NEXT無料体験の詳細・登録はこちら。(NHKオンデマンド専用リンク)

※「NHKオンデマンド」の契約は毎月1日~末日なので、これに合わせて「U-NEXT」の無料体験を登録すると一番お得です。

※2021年3月現在の内容です。最新情報はU-NEXTサイトで確認ください。

※こちらの記事も参照ください。

 

 

まとめ:「100分de名著」の過去放送回を見るには

この記事では、過去に放送された「100分de名著」が見られる方法として、インターネット配信の「NHKオンデマンド」を紹介しました。

 

  • これまで放送された「100分de名著」の約9割は、インターネット動画配信サービス「NHKオンデマンド」で見られます。
  • 「NHKオンデマンド」は有料サービスです。「100分de名著」は1回110円。約7000本すべての番組が見られる「まるごと見放題パック」(月額990円)もあります。
  • 「NHKオンデマンド」は、NHKのほか、他の一部動画配信サービスでも利用できます。テレビでも見たいときは他社で。
  • 「NHKオンデマンド」は、唯一「U-NEXT」で実質無料でお試し体験できます(専用リンクからの登録でポイント増量)。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました