NHK「ねほりんぱほりん」の動画配信を見る方法【見逃し無料】

動画配信サービス
お悩み中
お悩み中

NHK「ねほりんぱほりん」の見逃した回を無料で見られる方法があったら知りたい。

 

こんなお悩みにお答えします。

 

この記事の内容
  • NHK「ねほりんぱほりん」最新回の再放送と見逃し配信の日程、過去回の配信の無料視聴方法を紹介します。

 

司会の山里亮太さんとYOUさんと「訳アリ」ゲストが、動物の人形の姿で登場して、開けっ広げすぎるトークを展開するという一風変わったNHKの番組「ねほりんぱほりん」。

 

今季(2022年~)も、「シーズン7」として放送が始まりました。

 

その最新回を見逃してしまったり、あるいは過去に放送された回を見たいというあなたに、その無料の視聴方法を紹介します。

 

ミキマサ
ミキマサ

この記事を読むと、見逃してしまった、あるいはもう一度見たい「ねほりんぱほりん」が見られる方法が分かります。

NHK「ねほりんぱほりん」とはこんな番組

NHK「ねほりんぱほりん」最新回と過去回をNHKオンデマンドで無料視聴する方法

 

「ねほりんぱほりん」は、2016年から毎年10月から3月にかけて、NHKのEテレ(教育)で放送されているトーク番組です(1回30分)。

 

司会はタレントの山里亮太さんとYOUさんで、それぞれモグラ人形の「ねほりん」と「ぱほりん」として、ブタ人形のゲストを迎えます。

 

そのゲストは、「元薬物中毒者」「少年院に入っていた人」「マッチングアプリにハマる人」「戸籍のない人」「元詐欺師」など、社会ではあまり日の目を見ない、表舞台には出ない「訳あり」な境遇や職業の人たちばかり。

 

彼らに「ねほりん」と「ぱほりん」が、好奇心の向くままに「根掘り葉掘り」聞きまくります。

 

ゲストの方も、顔バレしないので、ざっくばらんに応じるところが魅力です。赤裸々なトーク内容と見た目にカワイイ人形とのギャップもたまりません。

 

 

NHK「ねほりんぱほりん」最新回の再放送と見逃し配信

 

NHK「ねほりんぱほりん」シーズン7最新回の再放送と見逃し配信の無料視聴方法

 

現在、NHKでは「ねほりんぱほりん」の最新「シーズン7」が放送中です(2022年10月~)。

 

その最新回を見逃してしまった場合は、再放送や動画配信で見られるチャンスがあります。

 

テレビの再放送とインターネット配信の日程は、このようになっています。

 

【シーズン7の放送時間&配信日程】

テレビ放送 本放送(Eテレ) 毎週金曜日:夜10:00~10:30
再放送(Eテレ) 毎週火曜日:午前0:00~0:30(月曜日の深夜)
インターネット配信 NHKプラス 本放送と同時配信・本放送終了から7日間の見逃し配信
NHKオンデマンド 本放送の翌日(だいたい18時以降)から約1年間配信
放送時間は変更になる場合があります。最新の情報は公式番組サイトで確認ください。

 

テレビの再放送は平日の深夜で、見ずらい時間帯。これまた見逃してしまうリスクが高いです。

 

このため、本放送を見逃した場合は、インターネット配信で見る方が確実です。

 

「ねほりんぱほりん」の最新回は、「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」という2つの動画サービスで配信されています。

 

なお、過去回の再放送は、時々不定期で行われます。普段からNHKの公式サイトなどで情報をチェックください。

 

「ねほりんぱほりん」最新回の見逃し無料配信は「NHKプラス」で

 

NHK「ねほりんぱほりん」シーズン7最新回はNHKプラスで見逃し無料配信

 

「NHKプラス」とは、総合テレビとEテレで放送している最新番組をインターネットで見られる配信サービスです。

 

その配信には、次の2通りあります。

 

  • 「放送同時配信」テレビ放送とリアルタイムに配信
  • 「見逃し番組配信」放送終了後から7日間配信

 

「ねほりんぱほりん」の放送時間に、テレビのない場所にいる場合は、NHKプラスにスマホやパソコンからアクセスすれば、「放送同時配信」でリアルタイムに見られます。

 

もし、本放送を見逃しても、「ねほりんぱほりん」の場合は、放送終了直後から7日後の金曜日午後10:29まで「見逃し番組配信」されます。

 

この間は、いつでも都合のいいときに見られるので便利です。期限がくると配信は終了。なお、8日目以降は、後述する「NHKオンデマンド」で見られます。

 

ミキマサ
ミキマサ

NHKプラスを利用すると、あなたの生活が本放送や再放送の時間に縛られずにすむようになります。

 

NHKプラスは利用無料です。登録手続きすれば、すぐに見られるようになります。

 

ただし、NHKの受信料(地上契約)が必要です。

 

今現在、受信料を払っている場合は、追加の負担はありません。手続きだけが必要です。

 

なお、NHKプラスが初めての場合は、受信料の支払いに関係なく、「仮登録」で30日間利用できます(無料)。

 

NHKプラスの利用登録はこちら。

 

 

「ねほりんぱほりん」の過去回の配信は「NHKオンデマンド」で

 

NHK「ねほりんぱほりん」最新回と過去回をNHKオンデマンドで無料視聴する方法

 

NHKオンデマンドで配信中の「ねほりんぱほりん」

 

「NHKオンデマンド」は、「NHKプラス」と違って、過去に放送した番組を中心に選抜した約10,000本を配信しているサービスです。

 

そのなかで、NHKオンデマンドで見られる「ねほりんぱほりん」はこちら。

 

  • 放送中の「シーズン7」最新回 ※一部除く
  • これまでの過去回(全体の約7割)

 

 

「ねほりんぱほりん」シーズン7(最新)

 

現在放送中の「ねほりんぱほりん・シーズン7」の最新回は、NHKオンデマンドでも、本放送の翌日から配信が始まります。

 

期間は回によりますが、おおむね1年間の場合が多いです。

 

NHKプラスで7日間の見逃し配信が終ったあとで見られるのは、「NHKオンデマンド」が唯一になります。

 

【最新シーズン7のNHKオンデマンド配信回】

第1回 今年もやるよ~!ねほりんぱほりん シーズン7チラ見せ!(2022年10月7日放送)
第2回 ギリギリFIRE(2022年10月14日放送分)
第3回 ボディーガード(2022年10月21日放送分)
第4回 ある手配師(2022年11月4日放送分)
第5回 元刑務官(2022年11月11日放送分)
第6回 転売ヤー(2022年12月2日放送分)
第7回 シングル里親(2022年12月9日放送分)
第8回 Twitterで婚活する人 前編(2023年1月6日放送分)
第9回 Twitterで婚活する人 後編(2023年1月13日放送分)

 

「ねほりんぱほりん」の過去シーズン

 

「NHKオンデマンド」では「ねほりんぱほりん」の過去シーズンも見られます。

 

ただし、すべての放送回ではありません。全体の約7割をカバーしています(下表)。

 

【NHKオンデマンドで見られる過去回】

配信中のゲストたち
・元薬物中毒者
・マッチングアプリにハマる人
・買い物依存症の女
・ヒモと暮らす女
・元サークルクラッシャー
・児童養護施設で育った人
・ネトゲ廃人
・パパ活女子
・LGBTのカップル
・喪女
・元子役
・アイドルトップオタ
・仮想通貨投資家
・あるコスプレイヤー
・少年院に入っていた人
・腐女子
・プロになれなかった元奨励会員
・戸籍のない人
・ホストに貢ぐ女(前編・後編)
・羽生結弦で人生変わった人
・ヘリコプターペアレント
・介護士
・元詐欺師
・不妊治療をやめた人
・インフルエンサー (前編・後編)
・わが子を虐待した人
・元メンヘラ製造機
・バ美肉おじさん
・元ヤミ金
・マッチングアプリで真剣に婚活する人
・ギャンブル依存症
・震災で家族が行方不明の人
・2次元しか本気で愛せない女たち
・“世界一”のレストランガイド調査員
・同人漫画家
・レンタルの彼女
・ウィキペディアン
・元談合屋
・2020の港区女子
・LGBTカップルの子ども
・あるこたつ記事ライター
・元国会議員秘書
・ライバー
・児童相談所職員
・派遣型風俗のドライバー
・占い師
・女子刑務所にいた人(前編・後編)
・香港のデモに参加していた人
・親が”神様”を名乗る人
・サレ妻・サレ夫
・記憶を失くした人
・売れないホスト
・駅員
・”特定”が得意な人
・リストラの担当者
・復興活動から離れた人

 

実際の配信には、上記のゲスト回に加えて「あの人は今、その後が知りたい」的な特集回も入っています。

 

上表は2022年(令和4年)12月現在の見られるものです。それぞれに配信期限がありますので、事前に見たい回があるかどうかなど最新内容の確認をおすすめします。

「ねほりんぱほりん」最新状況のチェックはこちら。

 

「NHKオンデマンド」の利用料金

 

NHKオンデマンドは有料で、次の利用料金がかかります。

 

NHK「ねほりんぱほりん」最新回と過去回をNHKオンデマンドで無料視聴する方法

 

お目当ての番組だけを見る場合は、単品購入で1本あたり110円か220円(税込)です。

 

「ねほりんぱほりん」は1回110円です。購入してから72時間、何回でも繰り返し見られます。

 

また、毎月990円(税込)で、NHKオンデマンドで配信している動画が全部見られる「まるごと見放題パック」もあります。

 

「ねほりんぱほりん」以外の番組動画もいろいろ見たいという場合は、こちらがおすすめです。元は取りやすいです。

 

また、NHKオンデマンドは、受信料の支払い状況に関係なく利用できます。

 

山里亮太×YOU「ねほりんぱほりん」動画配信のNHKオンデマンド料金、受信料

 

NHKオンデマンドは、受信料を使わない独立採算制で、利用者からの料金収入で運営されいるサービスになります(法律上、受信料は使えない)。

 

このため、受信料の支払いや受信契約の状況に関係なく、利用する際は利用料金が必要です。受信料を支払っていない人も、普通に利用できます。

 

「NHKオンデマンド」の無料視聴方法

 

山里亮太×YOU「ねほりんぱほりん」最新回と過去回をNHKオンデマンドで無料視聴する方法

 

「NHKオンデマンド」は、先述のとおり有料です。でも、無料で最大1か月間利用できる方法があります。

 

NHKオンデマンドを利用するには、最初に会員登録が必要です。

 

その登録先は、NHKの本体のほか、Amazonプライムビデオ、U-NEXT(ユーネクスト)、GYAO!など一部のインターネット動画配信サービスも選べます。

 

無料利用したい場合は、このなかの、U-NEXTで登録します。

 

U-NEXTでは現在、初めての利用者向けに「31日間無料トライアル」を実施していますので、これを利用します。

 

そうすれば「ねほりんぱほりん」を無料で視聴できます。

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」とは、見放題作品数が国内最多で最大級のインターネット動画配信サービスです。

 

U-NEXT無料トライアル
  • 月額利用料の2,189円が「無料」。
  • 約24万本の動画を見放題で見られます。
  • 約170種類の雑誌(電子版の最新号)も読み放題です。
  • 1,000円分の「ポイント」が付きます。
  • 無料トライアルだけの利用でも解約できます

 

U-NEXTの31日間無料トライアルでは、NHKオンデマンドは対象外です(見放題動画の対象に含まれていません)。

 

このため、NHKオンデマンドを見るには別料金が必要なのですが、その支払いに、登録時にもらえる「ポイント」を使います。

 

「ポイント」は1,000円分付くので、「ねほりんぱほりん」だけを単品購入(1本110円)しても、990円で「まるごと見放題パック」に申し込んでも足ります。

 

いずれにしても、タダでもらった「ポイント」を使ってNHKオンデマンドを見るので、実質無料というわけです。

 

以上の流れをまとめると、このようなります。

 

山里亮太×YOU「ねほりんぱほりん」の動画配信NHKオンデマンドをU-NEXT(ユーネクスト)で無料視聴する方法

 

面倒に感じるかもしれませんが、実際の操作は簡単です。

 

そして、無料トライアルだけの利用で解約しても大丈夫です。期間中に解約手続きすれば、料金は発生しません。

 

山里亮太×YOU「ねほりんぱほりん」の動画配信NHKオンデマンドをU-NEXT(ユーネクスト)で無料視聴する方法

 

U-NEXTの「31日間無料トライアル」は、インターネットで簡単に登録できます。手続き完了すると、すぐにお試し開始です。

 

NHKオンデマンドの無料体験をする場合は、専用サイトで申し込みしてください。他のサイトとはもらえる「ポイント」数が違います(多い)。

 

 

NHKオンデマンド無料体験専用サイトはこちら。

 

まとめ:NHK「ねほりんぱほりん」の動画配信を無料で見る方法

 

山里亮太さんとYOUさんが司会のNHK「ねほりんぱほりん」最新回を見逃した場合は、再放送が1回あります。

 

また、インターネットの動画配信サービス「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」でも見られます。

 

  • 「NHKプラス」は最新「シーズン7」を放送後7日間見逃し配信(利用無料、受信料必要)。
  • 「NHKオンデマンド」は「シーズン7」を放送翌日から約1年間+過去放送回の約7割(利用有料、受信料は関係なし)。

 

 

NHKオンデマンドは有料ですが、動画配信サービスの「U-NEXT(ユーネクスト)」の「31日間無料トライアル」に登録することで、最大1か月間、実質無料で試せます。

 

これを活用すれば、「ねほりんぱほりん」を無料で楽しめます。U-NEXTだけの特典ですので、使わない手はありません。

 

NHKオンデマンドの無料体験はこちら。

 

ミキマサ
ミキマサ

山里亮太さんとYOUさんが司会で、他にはない好奇心がそそられるトークが魅力の「ねほりんぱほりん」。見逃した回やもう一度見たい回があるときの参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました