大河「鎌倉殿の13人」を見逃した時はどうする?【再放送・動画配信】

動画配信サービス

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見逃した場合の再放送日程と動画配信の視聴方法(NHKプラス、NHKオンデマンド)

 

お悩み中
お悩み中

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見逃してしまった!見られる方法があれば知りたい。

こんなお悩みにお答えします。

この記事の内容
  • 「鎌倉殿の13人」の再放送予定
  • 「鎌倉殿の13人」の見逃した回が見られるインターネットの動画配信サービス

NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のテレビ放送を、見られなかった!見逃した!録画に失敗した!とお嘆き?のあなたに、見られる方法をまとめました。

「鎌倉殿の13人」に限らず、大河ドラマは展開が早いので、1回見逃すと痛いことが多いですよね。

でも、大丈夫!「鎌倉殿の13人」は見逃し救済がしっかりしています。最新回を見逃した場合と、第1回からの過去回で見逃したものがある場合に分けて紹介します。

 

ミキマサ
ミキマサ

この記事で、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の見逃した回を見られる方法をひと通り知ることができます。

 

「鎌倉殿の13人」の最新回を見逃した場合(再放送、NHKプラス)

「鎌倉殿の13人」の最新回を見逃した場合は、テレビの再放送とインターネット配信で見られます。

【方法1】テレビの再放送を見る(放送日程)

2022NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見逃した場合の再放送日程

毎週日曜日に放送「鎌倉殿の13人」の最新回を見逃した場合、まず再放送というチャンスがあります。

その放送日程はこちら。本放送と合わせて確認しておきます。

【大河ドラマ「鎌倉殿の13人」放送日時のまとめ】

本放送 BSプレミアム
BS4K
毎週日曜日、18時~
総合テレビ 毎週日曜日、20時~
再放送 総合テレビ 毎週土曜日、13時5分~

「鎌倉殿の13人」の放送日時は本放送、再放送とも、これまでのNHK大河ドラマと同じです。

本放送は毎週日曜日で、再放送は同じ週の土曜日、総合テレビでお昼の13時5分から。これがテレビで見られる最後のチャンスです。

ただ、この土曜日の昼一というのが、案外くせもので、習慣づいていないと忘れやすいです。それに、外出していて見られないこともよくあります。

再放送も見逃しリスクが割とあるので、できれば、日曜日の見逃した時点で、録画をセットしている方が無難です。

いずれにしても、「鎌倉殿の13人」の最新回を見逃しても、再放送で見られます。

テレビの放送日は、臨時的に変更されることがあります。今年は参議院選挙がありますし。

本放送でも再放送でも見逃したくないときは、事前に最新情報をNHK公式サイトで確認ください。

Twitterの番組公式アカウントをフォローしておくと便利です。

 

【方法2】インターネット配信「NHKプラス」を利用する

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」をNHKプラスの見逃し配信で視聴する方法

 

「NHKプラス」のサービス内容(テレビ同時配信と見逃し配信)

「鎌倉殿の13人」の最新回は、NHKが運営するインターネット配信「NHKプラス」でも見られます。

「NHKプラス」では、総合テレビとEテレ(教育)の番組を「テレビ同時配信」と「見逃し番組配信」を提供しています。

「鎌倉殿の13人」配信日程

・「テレビ同時配信」⇒日曜日の午後8:00~午後8:44
・「見逃し番組配信」⇒放送終了後~次の日曜日午後8:44

「テレビ同時配信」は、テレビで放送中の番組をリアルタイムでインターネットでも見られるようにしたもの。

「鎌倉殿の13人」の放送日の日曜日午後8時に、外出していたり移動中だったりしても、スマホやパソコンで楽しめるので、見逃しを防げます。

この「テレビ同時配信」が終了すると、その直後から7日間、「見逃し番組配信」が行われます。

「鎌倉殿の13人」の最新回を見逃した時は、次週の放送時間まで、あなたの都合のいいときに、いつでも見られる状態になります。8日目から視聴できなくなります。

8日目以降は、後述の「NHKオンデマンド」という配信サービスで見られます。「NHKオンデマンド」では、テレビ放送後から最低1年間配信しています。

 

「NHKプラス」の利用方法と料金

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見逃し配信が見られるNHKプラスの利用方法と利用料金

「NHKプラス」の利用は無料です。

これは「NHKプラス」は受信料で運営されているからです。受信料を支払っているなら、追加の負担なしに、利用登録すれば利用できます。逆に、使わないともったいないです。

逆に、受信料を支払っていない世帯は受信契約が必要です。

「NHKプラス」の「テレビ同時配信」は、利用登録しなくても見られます。ただし、画面に4分の1ほどに案内の表示が被って見ずらい状態です。

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見逃し配信が見られるNHKプラスの利用方法と利用料金

画面イメージ(パソコン再生画面)

「見逃し番組配信」は、利用登録しないと見られません。登録するとすぐに見られるようになります。

「鎌倉殿の13人」の見逃し配信をNHKプラスで見るNHKプラスの配信を見る

 

【参考記事】
「NHKプラス」とは?必要な料金・受信料、利用方法 

 

「鎌倉殿の13人」の見逃した過去回も見たい場合(NHKオンデマンド)

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第1回から最新回までの見逃し配信をNHKオンデマンドで視聴する方法

「NHKオンデマンド」は第1回~最新回を見逃し配信

「鎌倉殿の13人」の過去回(第1回~)を見たい場合は、「NHKオンデマンド」で見ることができます。

「NHKオンデマンド」も、NHKが運営しているインターネット動画配信サービスで、今までにNHKで放送された番組から選抜した約10,000本を配信しています。

配信番組は過去のものが大半ですが、「鎌倉殿の13人」など一部の最新番組も入っています。

「鎌倉殿の13人」については、第1回から最新回まで全ての回を配信。見逃した回や、もう一度見たい回だけを見たり、最初から最新回まで一気見したりできます。

数回見逃したときや、遅れて見始めたときに便利です。

「NHKオンデマンド」でも「鎌倉殿の13人」の最新回が、日曜日の放送終了後21時から見られます。「NHKプラス」のような7日間といった期限はなく、例年通りであれば最低1年間は配信されます。

 

ちなみに、「NHKオンデマンド」では、過去の大河ドラマも30作品ほども楽しめます。「鎌倉殿の13人」の時代前後の作品も配信中(下記)。

平清盛【全話】
(2012年)
松山ケンイチ主演。本当の親を知らないまま平氏のもとで育てられた清盛。「平家物語」ではアンチヒーローとして描かれていた男に新たな光をあて、躍動感にあふれる男として描く。
草燃える【総集編】
(1979年)
石坂浩二、岩下志麻主演。鎌倉幕府を開いた源頼朝の妻、北条政子を中心に北条氏が鎌倉幕府での実権を確立するまでのたどる。
北条時宗【総集編】
(2001年)
和泉元彌主演。蒙古襲来時の執権、北条時宗の激動の生涯を描く。
太平記【全話】
(1991年)
真田広之主演。鎌倉時代末期、南北朝時代の動乱期を舞台に幕府を滅亡させ、建武政権に背いて室町幕府の初代将軍となった足利尊氏の生涯を描く。

※2022年(令和4年)1月現在。配信番組は不定期に入れ替えられます。最新の内容は公式サイトなどで確認ください。

 

「NHKオンデマンド」の利用料金

この「NHKオンデマンド」は有料サービスになっています。

これは、「NHKオンデマンド」の運営は、「NHKプラス」と違って受信料が使われていない(法的に使えない)という事情によります。

このため、受信契約の状況に関係なく(受信料を払っていなくても)、だれでも利用できます。

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」のNHKオンデマンド見逃し配信の料金

「NHKオンデマンド」の料金プランには、「単品購入」と「まるごと見放題パック」があります。

「単品購入」は、特定の番組だけを見たい場合で、番組1本あたり110円か220円(税込み)。「鎌倉殿の13人」は、1話220円です。視聴できる期間は3日で、その間は繰り返し見られます。

「まるごと見放題パック」は、「鎌倉殿の13人」をはじめ「NHKオンデマンド」で配信している全番組が好きなだけ見られる定額制プラン。月額990円(税込み)で、コスパはいいです。

「まるごと見放題パック」の契約単位は1か月間(1日から末日)で、月の途中で申し込みや解約しても、その月の利用料がまるまるかかります(日割り無し)。このため、申し込み登録は月初めにやるのがお得です。

 

「NHKオンデマンド」の利用方法と無料お試し体験

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見逃し配信が見られるNHKオンデマンドをU-NEXTで無料視聴する方法

「NHKオンデマンド」はNHK以外でも登録可能

「NHKオンデマンド」を見るには、利用登録が必要です。

その登録は、NHKのほか、一部の動画配信サービスやケーブルテレビでも可能です。「NHKオンデマンド」の配信番組や料金は共通です。

NHK以外で「NHKオンデマンド」を利用する大きなメリットは、テレビ画面での視聴に対応していることです。

実は、NHKはスマホ、タブレット、パソコン限定で、テレビには対応していません(キャストも不可)。

「NHKオンデマンド」の番組をテレビ画面で見たいという場合、ケーブルテレビや動画配信サービスで登録してください。

NHKオンデマンドの配信サービス

 

U-NEXTで「NHKオンデマンド」の無料お試し体験

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の見逃し配信が見られるNHKオンデマンドをU-NEXTで無料で見る方法

上記の動画配信サービスのなかの「U-next(ユーネクスト)」で唯一、「NHKオンデマンド」を最大1か月間、実質無料でお試しすることがきます

その手続きの流れは下図の通りです。最初にU-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録します。

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の見逃し配信が見られるNHKオンデマンドをU-NEXTで無料で見る方法

U-NEXTの「31日間無料トライアル」に登録すると、1,000円分の「ポイント」がもらえるので、それを使って、「NHKオンデマンド」の料金を支払います。

「鎌倉殿の13人」の見逃し回の単品購入でも、「まるごと見放題パック」でもOK。

「31日間無料トライアル」は、それだけの利用でも全く大丈夫です。期間中に解約手続きすれば、料金は発生しません。

「NHKオンデマンド」の利用が初めての場合や「鎌倉殿の13人」を無料で楽しみたい場合は、U-NEXTがおすすめです。

NHKオンデマンドの無料お試しについて2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の見逃し配信が見られるNHKオンデマンドをU-NEXTで無料で見る方法

【参考】
NHKオンデマンド無料体験「購入~解約」の流れ

 

大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の基本情報

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見逃した場合の再放送日程と動画配信の視聴方法(NHKプラス、NHKオンデマンド)

2022年(令和4年)の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は、三谷幸喜さんの脚本による鎌倉幕府の第2代執権、北条義時を主人公とした物語。その義時を演じるのは小栗旬さんです。

歴代大河ドラマのなかでも屈指の人気作「新選組!」「真田丸」に続く三谷作品ということで、期待が持てます。

平家隆盛の世、北条義時は伊豆の弱小豪族の次男坊に過ぎなかった。だが流罪人・源頼朝と姉・政子の結婚をきっかけに、運命の歯車は回り始める。
1180年、頼朝は関東武士団を結集し平家に反旗を翻した。北条一門はこの無謀な大博打ばくちに乗った。
頼朝第一の側近となった義時は決死の政治工作を行い、遂には平家一門を打ち破る。
幕府を開き将軍となった頼朝。だがその絶頂のとき、彼は謎の死を遂げた。偉大な父を超えようともがき苦しむ二代将軍・頼家。 “飾り” に徹して命をつなごうとする三代将軍・実朝。将軍の首は義時と御家人たちの間のパワーゲームの中で挿すげ替えられていく。
義時は、二人の将軍の叔父として懸命に幕府の舵かじを取る。源氏の正統が途絶えたとき、北条氏は幕府の頂点にいた。都では後鳥羽上皇が義時討伐の兵を挙げる。武家政権の命運を賭け、義時は最後の決戦に挑んだ──。

「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府の将軍のこと。その初代は源頼朝です。「13人」は頼朝の天下統一に加勢した家臣の数。そのなかの最年少が、北条義時です。

頼朝の死後、13人は権力争いを繰り広げますが、泰時が最後に勝ち残り、鎌倉幕府の実質的な支配者へ昇りつめていきます。

放送期間 2022年(令和4年)1~12月
作・脚本 三谷幸喜
演出 吉田照幸
主な出演者
(順不同)
小栗旬(北条義時)、小池栄子(北条政子)、片岡愛之助(北条宗時)、平清盛(松平健)、佐藤二朗(比企能員)、大泉洋(源頼朝)、菅田将暉(源義経)、山本耕史(三浦義村)、坂東彌十郎(北条時政)、中村獅童(梶原景時)、長澤まさみ(語り)
公式サイト https://www.nhk.or.jp/kamakura13

 

【参考】プロフェッショナル仕事の流儀「小栗旬スペシャル」見逃し配信中!

2022NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」主演、小栗旬「プロフェッショナル仕事の流儀」見逃し配信

5月3日に放送された「鎌倉殿の13人」主演の小栗旬さんに密着したドキュメンタリー番組「プロフェッショナル仕事の流儀」を、NHKプラスでは5月10日まで、NHKオンデマンドでは10月31日まで見逃し配信しています。

個人的に勝手に抱いていた印象とは、いい意味で全然違いました。「鎌倉殿ー」を見る目が変わりました。

密着400日、小栗旬の素顔に迫る―。ドラマや映画、舞台で活躍を続ける俳優・小栗旬。初主演を務める大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(北条義時役)の舞台裏に完全密着した。「撮られたくないものはない。聞かれたくない質問もない。」取材初日、小栗はこう言い放った。そしてその言葉どおり、稽古場から移動の車中まで、カメラを全て受け入れた。NGなしの真剣勝負。39歳、等身大の素顔。最後の最後に見つけた、小栗の流儀。

 

 

まとめ:大河ドラマ「鎌倉殿の13人」見逃した回を見る方法は?

2022大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見逃した場合の再放送日程と動画配信の視聴方法(NHKプラス、NHKオンデマンド)
以上のように、大河ドラマ「鎌倉殿の13人」を見逃しても、テレビの再放送とインターネット配信という、見られるチャンスや手段があるので大丈夫。

特にインターネット配信の「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」は、「見逃し配信」でいつでも見られるので便利です。

見逃し配信

「NHKプラス」⇒「鎌倉殿の13人」の最新回(放送後7日間)
・「NHKオンデマンド」⇒「鎌倉殿の13人」の第1回~最新回(放送後最低1年間)

「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違いはこちら。

NHKプラス NHKオンデマンド
見られる番組 地上波の最新番組(一部除く) 地上波とBSで放送された番組の選り抜き約7,000本。
「鎌倉殿の13人」テレビ同時配信 あり(日曜20時~) なし
「鎌倉殿の13人」見逃し配信 最新回のみ。放送終了後から7日間 第1回から最新回までの全回。最新回は日曜21時~。
契約単位 世帯契約 個人契約
利用登録 必要 必要
受信料・受信契約 必要 不要
利用料金 無料 ・番組単品:1本110円~220円
(「鎌倉殿の13人」は1話220円)
・見放題パック:月額990円
対応機器(デバイス) スマホ、タブレット、パソコン、テレビ スマホ、タブレット、パソコン、※テレビ(他社経由で利用の場合)
同時に視聴できる機器台数 5台まで 1台
画質 標準 標準、ハイビジョン、4K対応

そして、「NHKオンデマンド」は、NHK以外にも、一部の動画配信サービスを通しても利用できます。

なかでも、インターネット動画配信サービスの「U-NEXT(ユーネクスト)」は、テレビ視聴に対応していて、しかも最大1か月間、無料で試すことができるので、おすすめです。

NHKオンデマンドを無料で試してみる⇒
(お試し利用だけで解約OK)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました