【NHKオンデマンドの利用先】NHK直営とU-NEXTの6つの違い

動画配信サービス
お悩み中
お悩み中

NHKオンデマンドの利用を考えているけど、申し込みをNHKでするか、U-NEXTでするか迷っている。実際にどんな違いがあるのかな?

 

こんなお悩みにお答えします。

 

この記事の内容
  • NHKオンデマンドをNHKで利用する場合とU-NEXTを通して利用する場合の違いを解説しています。

 

NHKで過去に放送された番組、約10,000本を配信している「NHKオンデマンド」は、NHKのほかに、民間の動画サービス「U-NEXT(ユーネクスト)」を通しても利用できます。

 

初めてで、よく分からない状況だと、どっちで申し込んだらいいのか悩むところ。でも、大事なポイントなんです。

 

そこで、NHKオンデマンドの利用先として、NHKとU-NEXTとの違いをまとめました。

 

ミキマサ
ミキマサ

この記事で、NHKオンデマンドをNHKで利用するか、U-NEXTで利用するかという迷いはなくなりますよ。

 

「U-NEXT(ユーネクスト)」とは、見放題動画約23万本の日本最大級のインターネット動画配信サービスです。NHKオンデマンドだけの利用もできます。

U-NEXTの特長 

 

※この記事は2022年(令和4年)7月現在の情報を基にしています。最新情報はNHKやU-NEXTサイトで確認ください。

 

【NHKオンデマンド】NHKとU-NEXTの共通点

 

NHKオンデマンドの利用でNHKとU-NEXTとの違い

 

NHKオンデマンドを利用するにあたって、NHKで直接申し込んだ場合と、U-NEXTを通して申し込んだ場合の「違い」の前に、違わない共通点を確認しておきましょう。

 

「配信内容(見られる動画、コンテンツ)」と「利用料金」は、どちらも同じです。

 

NHKオンデマンドでは、過去の番組を中心に約10,000本の動画を配信していますが、U-NEXTでも全て見られます。

 

そして、視聴料金も同じ。NHKオンデマンドには2つの料金プランがありますが、これも変わりません。同じ番組は同じ金額、無料配信のものは無料です。

 

単品購入(見たい番組だけ) 番組1本あたり110円~220円(72時間内であれば何度でも視視聴できます)
まるごと見放題パック 全ての動画見放題で1ヶ月990円

 

なお、「まるごと見放題パック」は、毎月1日から末日までの契約になります。月途中で申し込んだり、解約しても1ヶ月分の料金(990円)がかかります。この点もNHK、U-NEXT共通です。

 

NHKオンデマンドは、NHKが受信料を使わずに運営する有料の動画配信サービスです。このため、受信料の支払い状況に関係なく利用できます。

 

それでは、本題の「違い」について解説していきます。

 

【NHKオンデマンド】NHKとU-NEXTの違い

 

NHKオンデマンドの利用でNHKとU-NEXTとの違い

 

【違いその1】契約先(利用の登録先)

 

NHKオンデマンドの運営元はNHKですが、利用にあたっての契約先(登録先)は、利用するサービス事業者になります。

 

NHKで利用する場合はNHK(日本放送協会)で、U-NEXTの場合はU-NEXTです。登録した際のあなたの個人情報などは、契約先が管理します。料金の請求も基本的に契約先が行います。

 

NHKで直接登録したら、個人情報が受信料の徴収に使われるのではと心配な人もいると思いますが、規約上は大丈夫です。受信料契約とNHKオンデマンドは別物。でも、同じNHKなので、実際のところは分かりません。

 

U-NEXTの場合は、NHKオンデマンドの利用でNHKと直接絡むことはありません。

 

【違いその2】テレビでの視聴

 

NHKオンデマンドの利用でNHKとU-NEXTとの違い

 

NHKオンデマンドをテレビの画面でも見たいという場合は、NHKとU-NEXTとでは対応が違います。

 

NHKの方はテレビでの視聴に対応していません。スマホ、タブレット、パソコンからの利用限定です。

 

U-NEXTでは、インターネット対応のスマートテレビや、Chromecast(クロームキャスト)やAmazonのFireTVといった機器を取り付けたテレビがあれば、基本的に見られます。

 

 

【違いその3】スマホアプリや再生画面の使い勝手・機能

 

NHKオンデマンドの利用でNHKとU-NEXTとの違い

 

NHKオンデマンドの動画を見るには、スマホやタブレットでは主に専用アプリ、パソコンでは公式サイト(ブラウザ)の再生画面を利用します。

 

NHKとU-NEXTとでは、それらの使い勝手、操作性が違います。アプリも再生画面もNHKの方が機能が少なくて不便です。

 

NHKの方には「早送り」「早戻し(巻き戻し)」「再生速度の変更」がありません。U-NEXTにはあります。

 

また、機能では「字幕」サービスの対応に違いがあります。

 

NHKオンデマンドで配信している動画の一部には「字幕」が付いていて、必要に応じて、表示・非表示を切り替えられるようになっています。

 

NHKが直接提供している方では、この機能が使えますが、U-NEXTは対応していません(字幕表示できません)。

 

耳が不自由な人が利用するような場合は注意が必要です。

 

ちなみに、NHKオンデマンドでは、現時点で二か国語放送や解説放送など副音声のサービスは提供していません。このため、NHKでもU-NEXTでも主音声のみの配信になっています。

 

【違いその4】支払い方法の種類

 

NHKオンデマンド料金の支払方法は、NHKもU-NEXTも、クレジットカードだけでなく、いろいろな種類が用意されています。でも、全く同じではありません。

 

支払い方法 NHK U-NEXT
クレジットカード
ドコモ払い
au払い
ソフトバンク・ワイモバイル払い ×
楽天ペイ
Amazon決済 ×
Apple決済 ×
Yahoo!ウオレット ×
NETCASH ×
モバイルSuica ×

 

※デビットカードとプリペイドカードは入っていませんが、一部は「楽天ペイ」に設定することで利用できます。

 

【違いその5】見られる動画・コンテンツ

 

NHKとU-NEXTとでは、サービス全体で見られる動画、コンテンツが大きく違います。

 

NHKが直接提供しているNHKオンデマンドは、当たり前ですが、その動画しか見られません(約10,000本)。

 

U-NEXTは、NHKオンデマンド以外にも、約23万本の見放題動画ほか、別途有料の2万本、さらにライブ配信や電子書籍の配信も行っています。

 

これらも、見たいときに料金をプラスするだけで楽しめます。スマホアプリもNHKオンデマンドで利用する同じものを使うので、手間はありません。

 

U-NEXTで現在配信中の動画内容はこちら。

 

【違いその6】無料のお試し利用

 

NHKオンデマンドの利用でNHKとU-NEXTとの違い(無料お試し)

 

インターネット動画配信サービスでは、初めて利用する人向けに、無料のお試し期間を設けているところが多いですが、NHKオンデマンドにはありません。

 

最初は、実際にどんなサービスなのか、自分のスマホでちゃんと見られるのか、操作は簡単なのか、心配がつきものですが、いきなり課金です。

 

しかし、U-NEXTでは、その「31日間無料トライアル(お試し)」を活用して、実質的にNHKオンデマンドを最大1か月間無料で利用することができます。

 

30日間無料トライアルに登録すると、1,000円分の「ポイント」がもらえます。それでNHKオンデマンドの料金(単品購入、見放題パック)を払うという流れです。

 

なお、「31日間無料トライアル(お試し)」では、見放題動画(約23万本)が見られます。

 

NHKオンデマンド無料お試し専用サイト

 

 

まとめ:NHKオンデマンドの利用でNHKとU-NEXTとの違い

 

NHKオンデマンドの利用でNHKとU-NEXTとの違い

 

以上、NHKオンデマンドをNHKで直接利用する場合と、U-NEXTを通して利用する場合の「違い」をみてきました。

 

見られる動画と視聴料金、契約の単位(単品か毎月1日~末日の見放題)は、どちらも同じです。

 

「違い」はいくつかありますが、そのなかで、特に注意すべき点は、テレビでの視聴と字幕機能の対応です。

 

繰り返しになりますが、NHKオンデマンドをテレビの画面で見たいときはU-NEXT、動画に字幕を表示させて見たい場合はNHKを選ぶしかありません。

 

このようにNHKとU-NEXTは一長一短があります。どちらで利用しようかとお悩みなら、まずはU-NEXTの無料トライアルで、NHKオンデマンドのサービスや使い勝手など実際に体験して、検証してみることをおすすめします。

 

NHKオンデマンド無料お試し専用サイト

(無料期間だけで解約OK)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました