NHKオンデマンドをテレビで見る方法【視聴に必要な2つの準備】

NHK大河ドラマ「青天を衝け」見逃したときの再放送 動画配信サービス

NHKオンデマンドをテレビ画面で見られる?視聴する方法

お悩み中
お悩み中

「NHKオンデマンド」をテレビで利用したいけど、どうすればいい?NHKでは対応していないみたいやし。。。

こんなお悩みにお答えします。

この記事の内容
  • 「NHKオンデマンド」をテレビで視聴する方法を紹介します。

「NHKオンデマンド」を現在利用しているあなた、あるいは、これから加入しようかと検討中のあなたが、テレビでも視聴したいなと思っているのでしたら、注意が必要です。

実のところ、NHKさんでは、テレビ視聴に対応していません。スマホ、タブレット、パソコンでの視聴限定になっています。

でも、テレビで見られる方法がちゃんとありますのでまとめました。2つのものを準備すれば大丈夫です。

ミキマサ
ミキマサ

この記事を読むと、「NHKオンデマンド」をテレビで視聴する方法、進め方が分かります。

「NHKオンデマンド」とは、NHKでこれまでに放送した番組のなかから約10,000本を選んで配信しているサービスです。
⇒NHKオンデマンドのサービス内容、料金について

NHKオンデマンドはテレビ非対応

「NHKオンデマンド」をテレビで見る方法

「NHKオンデマンド」は、見逃した最新の番組や過去の番組が視聴できて、なかなか便利です。

でも、「NHKオンデマンド」の番組は、意外なことにテレビでは利用できません。

NHKに問い合わしたときの回答がこちら。

恐れ入りますが、こちらのNHKが直接提供しているNHKオンデマンドは、パソコン、スマートフォンでご利用頂く番組配信サービスとなり、テレビでのご利用が出来ないものとなります。(NHKオンデマンドカスタマーセンター)

配信されている番組は、もともとテレビ用に作られたものなのに、テレビで見られないとは、なんか不思議です。

でも、書かれてあるように、テレビで利用できないのは「NHKが直接提供しているNHKオンデマンド」の場合です。

ということは、「NHKが直接提供していないNHKオンデマンド」なら、テレビでも視聴できるということなんです。

つまり、「NHKオンデマンド」をテレビで見るためには、NHKが直接提供していないNHKオンデマンドに、申し込む必要があります。

そして、これとあわせて、テレビ側でも視聴するための環境(設備)を用意しないといけません。

テレビで見るための2つの準備
  • NHKの直接提供でないNHKオンデマンドに登録すること。
  • テレビ側で見るための環境(設備)を用意すること。

 

【準備その1】NHKの直接提供でない「NHKオンデマンド」に登録。

「NHKが直接提供していないNHKオンデマンド」って何?ということですが、「NHKオンオンデマンド」は、一部のケーブルテレビや民間のインターネット動画配信サービスの「他社」を通しても、利用することができるんです。

「NHKオンデマンド」をテレビで見る方法

具体的には、以下の9社です。

これらで「NHKオンデマンド」を登録・利用すれば、テレビでも視聴できます。逆に「NHKオンデマンド」をテレビで見たいなら、こうしたところで利用しないといけません。

NHKオンデマンド利用可能な9社
ミキマサ
ミキマサ

これから「NHKオンデマンド」に申し込む人で、テレビで視聴するのなら、登録はNHKではなく、必ず「他社」で!!

ちなみに、「NHKオンデマンド」の配信内容や料金は、どこで申し込んでも同じです。

ただ、会社によっては、「NHKオンデマンド」単独で利用できないところもありますので、注意してください。

NHKオンデマンド単独で利用できる「他社」
  • ビデオマーケット
  • music.jp(パソコン不可)
  • Gyao!
  • U-NEXT

※上記以外のところは、基本サービスに追加(オプション)のかたちになります。

ちなみに、他社を通して申し込む場合、契約先はNHKではなく、その会社になります(アマゾンならアマゾン、U-NEXTならU-NEXT)。あなたの個人情報がNHKに知られることはありません。

 

現在、あなたがNHKで直接「NHKオンデマンド」を利用している場合、その登録情報を他社に移すことはできません。

テレビで視聴したいときは、NHKでの契約を解約して、あらためて他社で新規申し込みしてください。

※「NHKオンデマンドまるごと見放題パック」は月単位で解約できます。

では、どの「他社」を利用したらいいのか、ということですが、

現在、自宅にインターネット環境があるのでしたら、動画配信サービスの利用が手っ取り早いです。

なかでも、「U-NEXT」は、唯一「NHKオンデマンド」を実質無料で最大1ヶ月試せるので、おすすめです。

ケーブルテレビは、自宅にインターネット環境が無くても、「NHKオンデマンド」が使える点がメリットです。

ただ、現在加入している人は利用しやすいですが、これから新規で加入する場合は、回線や機器の設置工事などが伴います。その費用も発生しますし、「NHKオンデマンド」単独の利用もできないので、「NHKオンデマンド」をテレビで見たいだけのために加入するのは、もったいないと思います。

 

【準備その2】テレビ側で見る環境を用意。

「NHKオンデマンド」をテレビで視聴するには、「他社」への申し込みとあわせて、テレビに接続する機器やWi-Fiなどインターネット回線といった、それ用の環境を整える必要があります。

 

ケーブルテレビの場合

ケーブルテレビで「NHKオンデマンド」を利用する場合、テレビ以外で基本的に自分で用意するものはありません。必要な回線や機器はケーブルテレビ会社が設置します。

その際に工事や機器交換などが生じる場合は費用が発生します。詳細は、住んでいる地域のケーブルテレビ会社に問い合わせください。

 

インターネット動画配信サービスの場合

インターネットの動画配信サービスで「NHKオンデマンド」利用するの場合は、テレビを見る部屋にインターネット環境があることが大前提です。

それも、光回線やケーブルテレビ回線、5G通信など高速で大容量対応のものが最適です。そして室内に、無線Wi-Fiがあるとスムーズです

そのうえで、インターネット対応テレビ(スマートテレビ)や、テレビ画面に映すためのストリーミング端末などを用意します。

 

インターネットに接続できる「スマートテレビ」で見る。

NHKオンデマンドをテレビでみる方法(スマートテレビで視聴)

あなたのテレビが「スマートテレビ」でしたら、簡単に「NHKオンデマンド」が視聴できるようになります。

ちなみに、「スマートテレビ」とは、テレビ放送に加えて、インターネットに接続できる機能がついたテレビのことです。海外メーカーを含めて、機能や価格帯もさまざまな機種が発売されています。

最近のスマートテレビだと、Wi-Fi対応で、はじめから主な動画配信サービスのアプリが搭載されています。

そのなかから、「NHKオンデマンド」対応のサービス(U-NEXT、Amazonプライムビデオなど)に登録して、「NHKオンデマンド」を申し込めば、すぐに見られるようになります。

 

【スマートテレビの製品例】

  • パナソニック「ビエラ」
  • ソニー「ブラビア」
  • シャープ「アクオス」
  • 東芝「レグザ」など

スマートテレビの種類や値段の相場をみてみる(ヤマダデンキ)

スマートテレビを安く手に入れる方法に、最近は「サブスク」もあります。月々手頃な値段で最新の機種を借りられます。

⇒機種や料金を参考までに見てみる。

従来のテレビで見る。

スマートテレビでない従来のテレビでも、インターネットに接続できる機器や器具を取り付けることで「NHKオンデマンド」が視聴できるようになります。

その方法の1つは、パソコン・スマホとテレビとを直接ケーブルでつなぐことです。でも、可能な機種が限られていたり、配線が必要だったりと、あまり現実的ではありません。

そこで、簡単にできるのが、「ストリーミング端末」を使う方法です。

「NHKオンデマンド」テレビで視聴する方法(ストリーミングデバイスを使う)

ストリーミング端末とは、テレビの「HDMI端子」に取り付けて、インターネット動画を見られるようにする機器で、Wi-Fiの環境があれば、簡単な設定ですぐに使えます。

機種によっては4K画質にも対応しています。

その定番の御三家がこちら。

ストリーミング端末「御三家」
  • グーグル 「Chromecast(クロームキャスト)」
  • アップル「Apple TV」
  • アマゾン「 Fire TV」

これらを使うには、インターネットのWi-Fi環境と、HDMI端子があるテレビが必要です。

※HDMI端子のないテレビでは使えません。

ミキマサ
ミキマサ

特にこだわりがなければ、スマホ・パソコンとの連携重視なら「Chromecast」、スマホやパソコンが苦手な人とか、持ってない人やテレビ感覚でネット動画も見たいという操作性重視なら「Fire TV」がいいです。値段は同じくらいです。

 

グーグル 「Chromecast(クロームキャスト)」

「NHKオンデマンド」をテレビで見る方法(Chromecast)

「Chromecast(クロームキャスト)」は、Google社が出しているストリーミング端末です。

テレビのHDMI端子に取り付けることで、スマホ、タブレット、パソコンで再生した動画を、テレビの画面で見ることができます。

Android、iOS、Mac、Windowsに対応していますので、ほとんどのスマホ、タブレット、パソコンで使えます。

Chromecastに対応した動画配信サービスでは、スマホやパソコンの画面に表示される「キャストアイコン」(下図)を押すだけで、テレビ画面に映るようになります。

 

「NHKオンデマンド」をテレビで見る方法(Chromecast)

Chromecastの本体は、テレビのHDMI端子に接続します。初期設定はスマホ、タブレットで行います。Wi-Fiと、テレビ近くにChromecast用の電源コンセントが必要です。

Chromecastは、スマホやパソコンで操作する点が特徴です。逆にそれらが無いと使えません。

この点、上位の機種「Chromecast with Google TV」は、「Google TV」というシステムを搭載していて、スマホやパソコンなしに、専用リモコンだけで、諸々の操作や検索、アプリの追加/削除などが行えます。4K出力にも対応しています。

【仕様や値段など最新情報の参考に】

 

アップル「Apple TV」

NHKオンデマンドをテレビで視聴する方法(Apple TV)「Apple TV」は、アップル社が出しているストリーミング端末です。「Apple TV HD」と4K出力対応の「Apple TV 4K」の2機種が販売されています。

Apple TVの本体とテレビ(HDMI端子)をHDMI端子ケーブルで接続し、さらにWi-Fi/有線LANでインターネットにつなぐことで、インターネットの動画をテレビで楽しめます。

「NHKオンデマンド」を利用する際は、最初に登録する動画配信サービス(例えば「U-NEXT」や「アマゾンプライムビデオ」など)のアプリを入れます。

操作は、付属の専用リモコンを使います。スマホやパソコンは必要ないですが、iPhone・iPad・Macの「AirPlay」機能を使うことで、簡単にその画面をそのままテレビに映し出すことも可能です。

ただ、Apple TVは他の2種に比べて値段が高いです。Apple製品の愛用者やファン以外は、メリットは少ないと思います。

【仕様や値段など最新情報の参考に】

 

アマゾン「 Fire TV」

NHKオンデマンドをテレビで視聴する方法(アマゾン Fire TV)

「Fire TV」は、アマゾンが発売しているストリーミング端末です。

本体をテレビのHDMI端子に差し込むことで、Amazonプライムビデオ、U-NEXT、Hulu、NetFlix、YouTube、TVerなど、主な動画配信サービスを楽しめるようになります。

「Fire TV」の操作は、付属の専用リモコンで行います。スマホやパソコンなどは必要ありません。スマホやパソコンが使えない人でも、テレビをリモコンで見る感覚で、「NHKオンデマンド」などインターネット動画が見られます。

「Fire TV Stick」と4K出力対応の「Fire TV Stick 4K」の2種類があります。

【仕様や値段など最新情報の参考に】

テレビCM中の日本初登場「FireTV搭載4K液晶テレビ」
(詳しくは下の画像クリック・タップ)

まとめ

NHKオンデマンドをテレビで見る方法(視聴のための準備)

以上、「NHKオンデマンド」をテレビで視聴する方法を紹介しました。要点はこちら。

「NHKオンデマンド」をテレビ視聴するために
  1. 「NHKオンデマンド」の利用を、NHKに直接ではなく「他社」で登録します。今NHKで利用している場合は解約して、「他社」に乗り換えます。
  2. テレビ側では、インターネット環境と合わせて、スマートテレビやストリーミング端末を用意します。

このように、契約面とハード面(機器など)両方の準備が必要になります。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、それでも「NHKオンデマンド」は、テレビ番組の配信だけに、やはりテレビ画面で見るのがしっくりします。

それに、スマホやパソコンと違って「ながら見」ができたり、家族や友達と一緒に見られることも便利。

同じ料金で、使い方や楽しみ方が増えるので、テレビでの視聴はおすすめです。

「NHKオンデマンド」が初めての場合は、先にも触れましたが唯一「U-NEXT」だけで、実質無料でお試しができます。せっかくなので活用してみてください。

U-NEXT無料体験の詳細・登録はこちら。(NHKオンデマンド専用リンク)

コメント

タイトルとURLをコピーしました