見逃し番組配信「NHKプラス」とは?【必要な料金・受信料と利用方法】

動画配信サービス
お悩み中
お悩み中

NHKの見たい番組を見逃してしまった。「NHKプラス」で配信中という案内が出ているけど、それって何?どうやって見られる?料金や受信料はいくら必要?

 

こんな疑問にお答えします。

 

この記事の内容
  • 「NHKプラス」とは、どんなものなのか。そのサービスの内容や料金、利用方法(始め方)を紹介します。

 

NHKの見たいテレビ番組をリアルタイムで見られないときや、見逃してしまったときには、「NHKプラス」という見る手段があります。

 

最近は、その名前がテレビ画面やNHKの番組案内などでよく出ています。

 

NHK番組のインターネット見逃し配信「NHKプラス」とは?必要な料金・受信料、利用方法(使い方・始め方)について

 

この「NHKプラス」とは、地上波番組がインターネットを通して、あなたのスマホやタブレット、パソコンで見られるというサービスです。NHKが運営しています。

 

「NHKプラス」は、あったらあったで、けっこう便利です。特に番組を見逃した時は、重宝しますよ。

 

ここでは「NHKプラス」が一体どんなサービスなのかを紹介します。気になる料金や受信料のこと、利用方法についてもまとめました。

 

ミキマサ
ミキマサ

この記事で、「NHKプラス」について、ひと通り知ることができます。

※この記事は2022年(令和4年)8月現在の状況に基いています。細かい部分は変更されることがありますので、最新情報はNHKプラスの公式サイトなどで確認ください。

 

「NHKプラス」とは?何がどう見られる?(配信の内容)

 

見られるのは地上波放送の最新番組

 

NHK番組のインターネット見逃し配信「NHKプラス」とは?見られる番組、必要な料金・受信料、利用方法(使い方・始め方)について

 

「NHKプラス」でインターネット配信している番組はこちら。

 

「NHKプラス」配信番組
  • 総合テレビの最新番組
  • Eテレ(教育)の最新番組

 

このように、配信番組は地上波のものだけで、衛星放送(BS)は入っていません。

 

そして、見られるのは、どちらも現在放送中、あるいは直近に放送されたものです。

 

ただし、全ての番組が配信されているわけではありません。権利関係などの理由で、全体の8~9割ほどです。番組内の一部分だけが見られないということもあります。

 

ちなみに、「NHKプラス」では過去に放送された番組は見られません。BSを含めた過去の番組は「NHKオンデマンド」という別の動画サービスで配信されています(後述します)。

 

「NHKプラス」の番組表や配信番組の予定は、公式サイトやアプリで確認できます。

 

配信は「同時」と「見逃し」の2通り

 

NHK番組のインターネット同時&見逃し配信「NHKプラス」とは?見られる番組、必要な料金・受信料、利用方法(使い方・始め方)について

 

「NHKプラス」のインターネット配信には、【放送同時配信】【見逃し番組配信】という2通りあります。

 

「NHKプラス」2つの配信
  • 【放送同時配信】は、総合テレビとEテレで放送中の番組を、インターネットで同時に(リアルタイムで)見られるサービスです。「追いかけ再生」機能も。
  • 【見逃し番組配信】は、「同時配信」した番組を放送終了後から基本7日間、いつでも見られるサービスです。

 

お目当ての番組をリアルタイムで見たいけど、その場にテレビが無い場合は【放送同時配信】で、リアルタイムを見逃してしまったときや、もう一回見返したいとき、あるいは録画に失敗したときは【見逃し番組配信】で、という具合に、「NHKプラス」があると視聴のチャンスがぐっと増えます。

 

「NHKプラス」は、テレビ放送を補うサービスという位置づけになっています。

 

【放送同時配信】は、テレビと「同時」と言いながら、実際はテレビより通常で30秒ぐらい遅れています。時報や緊急速報も遅いです。もちろん、番組を見る分には不都合はありません。

 

それから、放送中の番組を最初から見られる「追いかけ再生」という機能があります。番組の途中から見始めた時に便利です。

 

【見逃し番組配信】は、その番組の放送終了直後から始まります。期間は7日間。

 

具体的には、おおむね番組の放送直後から1週間後のその同じ終了時刻(168時間後)までです。

 

たとえば、11月1日8:15に終わった番組は、8日の8:15までの配信(例外もあります)。

 

この期間内でしたら、あなたの都合のいいときに、いつでも、何回でも繰り返し見られます。

 

字幕表示や二か国語放送にも対応、画質は標準

 

NHK番組のインターネット同時&見逃し配信「NHKプラス」の機能(字幕、副音声、二か国語、画質、音質)

 

「NHKプラス」で配信されている番組は、字幕放送、2か国語放送、副音声に対応しています(一部を除く)。テレビとほとんど同じように使えます。

 

特に字幕放送は、イヤホンを着けなくても消音のまま番組を楽しめるので、外出先では便利です。

 

また、「NHKプラス」で配信番組の画質は、最大960×540ドットの「標準画質(SD)」となっています。

 

実際は、その時々の回線速度や混雑具合などにも左右されます。この点は、他の動画配信サービスと同じです。

 

回線状況に応じて、画質は自動調整されますが、自身でも設定を1.5Mbps、768kbps、384kbps、192kbpsの4段階で切り替えできます。

 

また、音声の配信は64kbpsです。

 

「NHKプラス」の利用に必要なものは?

 

NHK番組のインターネット同時&見逃し配信「NHKプラス」の利用に必要なもの

 

「NHKプラス」を利用するのに必要なものは、次の3点。

 

「NHKプラス」利用に必要なモノ
  1. インターネット環境
  2. 利用する端末(スマホ、タブレット、パソコン、テレビ)
  3. スマホ、タブレット、テレビで利用する場合は専用アプリ

 

これらが揃っていたら、自宅や外出先に関係なく、どこででも利用できます。ただし、国内限定です。海外では使えません。

 

端末やOSの推奨環境は、公式サイトで最新情報を確認ください。スマホとタブレット、テレビでは、専用アプリを使って視聴します。

 

専用アプリは、アプリストアから無料でダウンロードできます。

 

端末(デバイス) 「NHKプラス」利用手段
スマホ・タブレット 専用アプリ(無料)限定
パソコン ブラウザ(Google Chrome、Safari、Microsoft Edgeなど)から公式サイトで。
※インターネットエクスプローラー(IE)は使えません。
テレビ Android TV OS (9、10) 、 Fire OS( 6、7)を搭載しているテレビ、外付け機器(Fire TV Stick、Chromecast with Google TV)。専用アプリ(無料)を通して利用できます。

 

NHKプラスには「ダウンロード機能(あらかじめスマホに番組をダウンロードしておくことで、インターネットに接続しなくても動画を見られる)」がありません。特にWi-Fiが無い場所で見る場合は、通信量(ギガ)の消費に注意が必要です。

 

「NHKプラス」をテレビで見る場合

 

NHK番組のインターネット見逃し配信「NHKプラス」をテレビで見るには?始め方)について

 

「NHKプラス」の「見逃し番組配信」が、2022年(令和4年)4月からテレビでも利用できるようになりました。

 

ただし、全てのテレビで見られるわけではありません。以下のOSを搭載した機種や外付け機器(Amazon Fire TV Stick、Chromecast with google TVなど)に限られます。

 

  • Android TV OS 9、または10
  • Fire OS 6、または 7

 

インターネットと接続して、ダウンロードしたNHKプラス公式アプリ(無料)を通すことで、見られるようになります。

 

「NHKプラス」の料金は?受信料はどうなる?

 

NHK番組のインターネット同時&見逃し配信「NHKプラス」とは?見られる番組、必要な料金・受信料、利用方法(使い方・始め方)について

 

利用料金は無料

 

「NHKプラス」は無料で利用できます。

 

これは、先述のとおり「NHKプラス」はテレビ放送を補うサービスで、受信料で運営されているためです。

 

このため、利用料金はかかりませんが、地上分の受信料支払いが必要になります。

 

受信料の支払いが必要

 

NHK番組のインターネット同時&見逃し配信「NHKプラス」とは?利用にかかる受信料の金額

 

くどいですが、「NHKプラス」を利用するには、受信料を支払わないといけません。

 

言い方をかえると、「NHKプラス」は、受信料を払っている人(受信契約者)が対象のサービスです。誰でも利用できるわけではないです。

 

利用登録(申し込み)の際に、NHKの方であなたの受信契約をチェックされます。

 

なお、必要な受信料は「地上契約」分です。

 

今現在、地上分の受信料を支払っているなら、「NHKプラス」の利用登録するだけで利用できます。

 

受信料は世帯契約なので、1つの契約で「NHKプラス」を最大家族5人(端末5台)で同時に利用できるようになります。

 

一緒に暮らしていなくても、生計が同じなら共用OKです(単身赴任、一人暮らし学生など)。

 

 

「NHKプラス」利用に必要な受信料(現在払っていない場合)

 

2か月払い 6か月前払い 1年前払い
地上契約 2,450円 7,015円 13,650円

※NHKプラスの利用に必要な受信料は「地上契約」分だけです。

 

NHK受信料の公式サイト

 

「NHKプラス」を利用するための手続きは?(始め方)

 

「NHKプラス」に会員登録

 

NHK番組のインターネット同時&見逃し配信「NHKプラス」とは?見られる番組、必要な料金・受信料、利用方法(使い方・始め方)について

 

「NHKプラス」を利用するには、受信料の支払い状況に関係なく、誰でも最初に会員登録(利用申し込み)が必要です。

 

登録には、「仮登録」と「本登録」があります。

 

NHKプラスの始め方、登録方法

NHKプラスを利用するには、「本登録」しないといけません。

 

ただ、今すぐ見逃した番組を見たいとか、受信料を払いたくないという場合は、「仮登録」することで、1か月間の期限付きで、個人情報の入力なしに利用できます。

 

この場合は、番組の画面に、案内メッセージが断続的に表示される状態になります。

 

【放送同時配信】は、会員登録しなくてもは誰でもすぐに利用できます。ただし、画面上に案内メッセージが載った「見ずらい」状態です(下図)。

 

NHK番組のインターネット同時&見逃し配信「NHKプラス」とは?見られる番組、必要な料金・受信料、利用方法(使い方・始め方)について

 

【見逃し番組配信】と「追いかけ再生」機能は、会員登録(仮登録・本登録)しないと利用できません。

 

実際の「NHKプラス」会員登録の流れ

 

NHK番組のインターネット同時&見逃し配信「NHKプラス」とは?利用登録の手続きについて

 

パソコンやスマホから、「NHKプラス」公式サイトにアクセスして、会員登録(利用申し込み)をします。

 

その際にメールアドレスが必要です。

 

先に規約を確認して、メールアドレスを入力・確定すると、10分以内に折り返しNHKから「ご利用手続きメール」が届きます。

 

NHK番組のインターネット見逃し配信「NHKプラス」の会員登録方法、手続きの流れ

※以前、NHKプラスの「仮登録」に使ったことがあるメールアドレスは一定期間、受け付けてもらえません。

 

見逃し配信「NHKプラス」会員登録手続きの流れ

 

届いたNHKのメールから登録用のページに移動します(メールが届いてから24時間以内)。

 

ここで、ログインに必要な情報を、自分で設定します。

 

  • NHKプラスID=メールアドレスと同じでもOK。
  • パスワード

 

※メールアドレス、ID、パスワードは後から変更できます。

 

IDとパスワードを設定したら、「仮登録」するか、「本登録」するかを選びます。

 

見逃し配信、NHKプラスの始め方、登録方法

見逃し配信「NHKプラス」会員登録手続きの流れ

【仮登録】の場合

「仮登録」に進むと、先に登録したメールアドレス、ID、パスワードが表示されています。

 

それらを確認して確定すると、「仮登録」は完了。折り返し「仮登録申込み受付のおしらせ」メールが届きます。

 

NHKプラスの始め方、登録方法、仮登録とは

 

その後から1か月間、NHKプラスの「放送同時配信」「見逃し番組配信」とも利用できます。その間、番組の画面上には、案内メッセージが出たり消えたりします。

 

※仮登録すると「マイページ」に、「現在仮登録中です」という文字と、有効期限の案内が出ます。その期限までに「本登録」しなければ、IDとパスワードは無効となって、NHKプラスは利用できなくなります。

 

NHKプラスの始め方、登録方法、仮登録とは

 

見逃し配信「NHKプラス」会員登録手続きの流れ

【本登録】の場合

 

  • 受信契約者の氏名
  • 受信契約している住所

 

これを送信すると【本登録】は完了。折り返し「本登録申込み受け付けのお知らせ」が届きます。

 

NHKプラスの始め方、登録方法、本登録とは

 

この後から、設定した「ID」と「パスワード」でログインすると、NHKプラスの全てのサービスが利用できるようになります。

 

 

見逃し配信「NHKプラス」会員登録手続きの流れ

 

NHKで、あなたの受信契約が確認できると「本登録完了のお知らせ」メールが届きます。

 

NHKプラスの始め方、登録方法、本登録とは

 

そして、後日、契約住所に登録完了のお知らせハガキが届きます(うちの場合はちょうど1週間後でした)。

 

NHKプラスの始め方、登録方法、本登録の確認ハガキ

 

受信契約などに問題がなければ、ハガキを受け取った後、特にやることはありません。内容は、本当のNHKプラスに登録したことの確認だけです。

 

NHKプラスの始め方、登録方法、本登録確認のハガキ

 

 

本登録した受信契約や受信料の支払いを、NHK側で確認できない場合は、その時点で【見逃し番組配信】は停止されます。そして後日、受信料の支払いについての何かしらアプローチがあります。
 

「NHKプラス」の解約

 

「NHKプラス」に本登録すると、利用期限はありません。でも、何かの理由で解約したいときは、いつでも、公式サイトの「マイページ」で簡単にできます。

 

NHKプラスの「解約」とは、ログイン用の「ID」を削除(利用終了)することです。

 

 

NHKプラスの「ID」を削除しても、NHK受信料の支払い(受信契約)は自動解除になりません。受信契約を解除する場合は、書類の記入・提出が必要です(詳しくはこちら)。

 

逆に、受信契約を解約すると、NHKプラスの「ID」は自動的に削除されて、NHKプラスは利用できなくなります。

 

【参考】過去のNHK番組を見るには?

 

過去のNHK番組が見られる「NHKオンデマンド」とは?

 

「NHKプラス」で見られる番組は、総合テレビとEテレの最新のものです。放送から7日間経つと見られなくなります。

 

過去のNHK番組は、「NHKオンデマンド」というNHKが運営する別のインターネット配信サービスで配信しています。

 

NHKオンデマンドでは、衛星放送(BS)を含めた番組のなかから約10,000本が見られます。

 

この中には、最新番組も入っていて「見逃し配信」されています。

 

地上波の番組は「NHKプラス」とほぼ被りますが、配信期間が2週間以上と長めで、「NHKプラス」で見逃し配信が終了した8日目以降も見られます。

 

例えば、放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の場合、「NHKプラス」では最新回だけが7日間「見逃し配信」されますが、「NHKオンデマンド」では、第1話から最新話までの全話が、約1年間(あるいはそれ以上)行われます。このため、いつでもさかのぼって過去回を見返せます。

 

そして、「NHKオンデマンド」は有料です。利用料金が必要です。

 

「NHKプラス」と違って、運営に受信料が使われていないからです(独立採算)。このため、受信料を支払っているかどうかは関係なく利用できます。

 

初めての場合、最大1か月間、実質無料で試せます。

 

【参考】「NHKオンデマンド」とは?(内容、料金、視聴方法、無料お試し)

 

まとめ:「NHKプラス」とは?

 

「NHKプラス」の要点を、あらためてまとめました。

 

NHKプラスとは?
  • NHKが運営する総合テレビとEテレの最新番組がインターネットで見られるサービスです。ただし、全ての番組ではありません。
  • テレビ放送の「放送同時配信」と放送後7日間の「見逃し番組配信」が利用できます。
  • スマホ、タブレット、パソコン、対応テレビで利用できます。
  • 利用は無料ですが、NHK受信料の支払いが必要です(今払っていたらOK)。
  • 利用するには、最初に会員登録します。
  • 最大家族5人(機器5台)で同時に利用できます。

 

普通、テレビ番組を見るには、その放送時間に自分が合わせて、テレビの前に座っていないといけないですが、NHKの番組に関しては「NHKプラス」があると、自分の都合で好きな時に好きな場所で見られるようになります。

 

実際に使って見ると、外出先での移動中などちょっとした空き時間に、見たい番組が見られるのは、なかなか便利。

 

特に、普段、外で忙しく働いている人にとって、息抜きや情報収集の強い味方になると思います。

 

ミキマサ
ミキマサ

今現在、家で受信料を払っているなら「NHKプラス」は使わないともったいない!「NHKプラス」も受信料に含まれています!利用登録するだけなので、家族で活用しましょう。

 

「NHKプラス」の利用登録、最新情報の確認は、公式サイトへアクセスください。

 

NHKプラス公式サイトはこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました