NHK番組をインターネットで見る方法【プラスとオンデマンドの違い】

動画配信サービス

NHK番組がインターネットで見られる「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違いを比較表にまとめました。

お悩み中
お悩み中

NHKの番組をインターネットで見たい。調べると「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の2つあるみたいだけど、何がどう違うの?

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容
  • NHKの番組がインターネットで見られる「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」という2つのサービスの違いを紹介します。

NHKの番組を、スマホやパソコンで見たいという場合、「NHKプラス」や「NHKオンデマンド」を利用することで、全番組ではありませんが、見ることができます。

番組を見ていると、「NHKプラス、NHKオンデマンドで配信します」などと画面に出る、それです。

「NHKプラス」や「NHKオンデマンド」とは、どちらもNHKが直接運営しているインターネットの動画配信サービス。でも、サービスの性格や見られる番組などが違います。

その「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違いについては、NHKの公式サイトをみても、ちょっと分かりづらい部分があるので、ここでは比較表にして、一目瞭然にまとめました。

 

ミキマサ
ミキマサ

この記事で、「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違いと、ざっくりとそれぞれがどんなサービスなのかを知ることができます。

 

「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違い【比較表】

NHK番組がインターネットで見られる「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違いを比較表にまとめました。

さっそく、NHKの番組がインターネットで見られる2つのサービス、「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の比較表です。

見られる番組、料金、機能など、次のような違いがいろいろあります。

NHKプラス NHKオンデマンド
要点
放送の補完サービス 通信サービス
利用登録が必要(世帯契約)。 利用登録が必要(個人契約)。
総合テレビ&Eテレの「テレビ同時配信」「見逃し番組配信(期間は7日間)」。 総合テレビ&Eテレ&BSの過去の番組中心に7,000本配信。一部の最新番組の「見逃し配信(期間は2週間)」も。
利用は無料。 利用は有料。
受信料の支払いが必要(利用は受信料契約者限定)。 受信料は関係なし(誰でも利用OK)。
テレビでの視聴不可。 AmazonやU-NEXTなどでも登録・利用可能。
どんなサービス?どんな番組が見られる?
  • テレビ放送を補完するサービスです。
  • 会員制です(要登録)。
  • 見られる番組は、地上波(総合テレビとEテレ)で放送の8~9割です。権利などの関係で全番組ではありません。
  • 総合テレビとEテレで放送中の番組を、インターネットで「同時配信」します(1日19時間程度)。そして終了後から7日間は「見逃し配信」され、いつでも好きな時に見られます。一部の最新番組は「NHKオンデマンド」と被っています。
  • インターネットで番組動画を配信する通信サービスです。
  • 会員制です(要登録)。
  • 見られる番組は、NHKの地上波とBS(衛星)で放送されたなから選抜されたものです。
  • 配信番組は過去のものが中心ですが、一部の最新番組の「見逃し配信」も行っています(基本2週間、「NHKプラス」と被っているものもあります)。
利用するために料金は?
  • 利用は無料です。
  • 利用は有料です。番組の「単品購入」は1本110円~220円、全配信番組の1ヶ月見放題「まるごと見放題パック」は月額990円です。※税込み
利用に受信料は必要?
  • 必要です。現在支払っている場合の追加はありません。
  • 「NHKプラス」は受信料で運営されています。
  • 必要ありません(受信料の支払い状況は無関係です)。
  • 「NHKオンデマンド」は利用料収入で運営されています(受信料は使われていません)
対応している機器(デバイス)は?
  • スマホ、タブレット、パソコン
  • テレビでは見られません(キャストもできません)。
  • スマホ、タブレット、パソコン、テレビ(※)

※テレビでの視聴は他社利用(後述)で可能です。

どうやったら見られる?
  • 最初に「NHKプラス」で利用登録が必要です(世帯契約)。
  • 利用登録すると、とりあえず視聴できます(画面に案内表示つき)。後日「確認コード」がハガキで自宅に届くので、それを入力して手続き完了です(画面表示が消えます)。
  • 利用登録後、「NHKプラス」の公式ページにアクセス、または無料の専用アプリを使うことで見られます。
  • 最初に利用登録が必要です(個人契約)。
  • 利用登録は、「NHKオンデマンド」のほか、AmazonやU-NEXTなどの一部の動画配信サービスやケーブルテレビでも可能です。
  • 実際の視聴は登録先のサイトやアプリを使用します。
同時に何台で使える?
  • 1契約で最大5台まで同時に利用できます。
  • 利用は1台です。

※Amazonでは最大3台まで同時利用できます。

 

「見逃し配信」の違いについて

例えば、放送中の大河ドラマ、連続テレビ小説(朝ドラ)など、最新の一部番組は、「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の両方で、放送終了後に「見逃し配信」されています。つまり、どっちでも見られます。

おんp大きな違いは、配信期間(見られる期間)です。

NHKプラス NHKオンデマンド
  • 配信期間は、放送終了直後から7日間です。8日目からは見られなくなります。
  • 配信期間は、放送終了日またはその翌日から、2週間です。
  • 番組によっては2週間以上の場合もあります。大河ドラマや朝ドラは最低1年間。
  • 放送終了後から7日間は、単品購入で見られません。「見放題パック」利用者だけが見られます。

放送終了8日目以降は、「NHKオンデマンド」でしか見られません。

 

「NHKプラス」はテレビ放送の延長

NHK番組がインターネットで見られる「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違いを比較表にまとめました。

「NHKプラス」は、NHK(地上波)のテレビ放送を、「同時配信」と「見逃し配信」することによって、視聴できる機会を増やすという目的で提供されているサービスです。

つまり、テレビの延長・補完という位置づけです。

なので、テレビと同じように受信料で運営されています。このため、視聴は無料ですが、受信料を支払っている人しか利用できません。

最初の利用登録の際に、NHKの方で受信料の支払い状況を確認する作業があります。こうしたことから、自宅にハガキが届いたりと、手続きがちょっと面倒です。

今現在、NHK受信料を払っているのなら、「NHKプラス」を1世帯5人まで追加の負担なく利用できます。せっかくなので、使わないと損!

反対に、登録後に受信料の支払いが確認できない場合は、後日NHKから何かしらアプローチがあるので、心づもりが必要です。

 

【参考記事】「NHKプラス」とは?

 

「NHKオンデマンド」は有料の動画配信サービス

NHK番組がインターネットで見られる「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違いを比較表にまとめました。

「NHKオンデマンド」の方は、「Netflix」とか「Amazonプライムビデオ」や「Hulu」などと同じ、利用者がいつでも好きな時に見たい動画が見られる「ビデオ・オン・デマンド (Video On Demand)」方式のインターネット動画配信サービスです。

地上波とBSで放送されたNHKの番組の中から選抜された約7,000本が見られます。

「NHKオンデマンド」はテレビ放送ではなく、通信のサービスになるので、運営には法律的に受信料が使えません。このため、経費を視聴者からの料金収入でまかなう必要があるため、利用は有料となっています。

言い換えると、「NHKオンデマンド」の利用には、NHK受信料の支払いは関係ないので、受信料を払ってなくても、料金を負担すれば、だれでも利用することができます。

また、「NHKオンデマンド」は、NHKのほかに、提携している「Amazon」や「U-NEXT(ユーネクスト)」といった民間の動画配信サービスやケーブルテレビでも登録・利用ができるのも特徴です。

利用登録はインターネット上で簡単に手続きできます。完了するとすぐ利用できるようになります。

【参考記事】

 

まとめ

NHK番組がインターネットで見られる「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違いを比較表にまとめました。

NHKの番組をインターネットで見る場合、「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の2つのサービスがあります。

どちらも、NHKが運営するインターネットの動画配信サービスですが、サービス内容、料金、機能に違いがあります。

使い分けをざっくりとまとめると、こんな感じになるでしょうか。

  • 最新の番組は「NHKプラス」
  • 過去の番組は「NHKオンデマンド」

どちらが良いのかは、あなたの利用目的や、見たい番組次第です。

今、受信料を払っているなら、とりあえず「NHKプラス」に登録しておきましょう。損はありません。

「NHKオンデマンド」も、U-NEXTを通して無料体験できるので、昔の番組を見たくなったら、一度試してみてください。無料体験だけの利用も可能なので。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました