アマゾン・オーディブルとは?【使った感想と無料お試し体験のすすめ】

アマゾンで池井戸潤小説のオーディオブックを無料で試す オーディオブック

アマゾンの聴く読書、オーディブルとは?感想、使い方、無料お試し体験のすすめ

お悩み中
お悩み中

アマゾンのオーディオブック「オーディブル」が、実際にどんなものなのか知りたい。無料お試し体験は大丈夫?面倒なことはない?

こんなお悩みや不安を解決します。

この記事の内容
  • アマゾン「オーディブル」ってどんなサービス?(しくみ、使い方)
  • オーディブルの会員プランとは?(特典、メリット、退会方法、無料お試し体験)
  • 現オーディブル会員による使った感想

「オーディブル(Audible)」は、アマゾンが提供するオーディオブックのサービスです。

ちなみに、オーディオブックというのは、本1冊の中身がまるごと朗読した音声が収録されたものです。

耳で聴くことで「読書」できるので、目が悪い人や不自由な人にはもちろんですが、活字が苦手な人や、忙しくて読書する時間がとれないという人にも向いています。

アマゾンの聴く読書、オーディブルとは?感想、使い方、無料お試し体験のすすめ

ただ、オーディオブックは本とは違うので、人によって向き不向きが出ます。

このため、いきなり買うのはやめた方が良いです。無料でお試し体験ができるので、初めてなら、その利用をおすすめします。

ここでは、アマゾン・オーディブル現会員の僕が、どんなサービスなのかを、実際の感想・体験談で補いながら紹介していきます。

ミキマサ
ミキマサ

この記事で、オーディブルについてひと通り知ることができて、心配なく無料体験に申し込めます。

 

アマゾン「オーディブル」とは?

最初に、アマゾン・オーディブルや、オーディオブックについて、ざくっと紹介していきます。

「オーディブル」はアマゾンのオーディオブック専門店

「オーディブル(Audible)」は、アマゾン(Amazon)が運営しているオーディオブック(耳で聴く本)専門の本屋さんです。

アマゾンの聴く読書「オーディブル」とは?

発売されているオーディオブックの種類は、普通の本や電子書籍に比べると、まだ少ないです。

そのなかでも、オーディブルは取り扱い数が国内最多。話題作や人気作、そして小説系も豊富です。

アマゾンの聴く読書「オーディブル」とは?

ちなみに、オーディオブックには元の「本」は付いていません。あくまで音声だけです。

実際のオーディオブックがどんなものなのかは、一度聴いてみることをおすすめします。

オーディブルでは30日間聴き放題の「月額会員プラン」を無料で試せます。

アマゾン「オーディブル」のしくみはシンプル

オーディブルのしくみは、めちゃくちゃシンプルです。

アマゾンの聴く読書「オーディブル」とは?しくみについて

オーディブルで読みたい(聴きたい)オーディオブックを選んで、好きな時に再生して聴くだけです。

専用アプリが用意されていて、操作も簡単です。

 

「オーディブル」は専用アプリで簡単操作

アマゾンの聴く読書「オーディブル」とは?アプリについて

オーディオブックの操作や管理は、オーディブルの専用アプリ(無料)で行います。

使い方をイメージしやすいように、アプリ機能のいくつかを紹介します。

 

ライブラリー

オーディオブックの一覧の中から、読みたい(聴きたい)作品を選ぶと、「ライブラリー」に表示されます。自分用の本棚です。

さらに「ダウンロード」しておくと、アプリに以降はインターネット環境が無いところでも、気にせずに聴けるようになります。

アマゾン、オーディブルのアプリ画面

※画面の画像はスマホ用のものですが、パソコン用も見え方が違うだけで同じです。

※パソコンではアプリを使わずに、ブラウザでも聴けます(ストリーミング)。

 

再生

実際にオーディオブックを聴くときは、「ライブラリー」のなかの聴きたい作品を選びます。すると、再生画面に移るので、そこで操作します。

再生画面には、運転中向けの簡易版(下図右)もあります。

アマゾン、オーディブルのアプリ画面

基本操作は「再生/停止」「30秒早戻し」「30秒早送り」「前/後の章・節への直接移動(スキップ)」です。画像のように、表示が分かりやすくて、操作は簡単です

聴くのを途中でやめる場合は、そのまま停止してアプリを閉じます。「しおり」的な操作はないですが、次に立ち上げると、続きから再生できます。

 

ブックマーク

アプリの便利な機能のひとつが、後から聴きなおしたい部分に目印を付ける「ブックマーク」です。付箋を貼るイメージです。

聴いている最中に、気になったところがあれば、「ブックマーク」(下図左、右下)を押すだけの簡単操作です。

ブックマークした箇所は一覧で見られます(下図右)。必要に応じてタイトルに追記できます。

アマゾン、オーディブルのアプリ(ブックマーク)

ただ、このブックマークを使いこなすには、慣れが必要です。

朗読を聴いていて「あっ」と思ったら、直ぐにボタンを押さないといけません。音声なので躊躇するとどんどん先に進んでいってしまいます。

あと、どうしても聴いてから押すので、位置がずれます。この点は不便です。

 

スリープタイマー、再生速度の調整

寝る前に聴く用の「スリープタイマー」も便利です。切れるタイミングを細かく設定できます(下図右)。

僕はあまり使っていませんが、再生速度の調整もできます(下図左)。

アマゾン、オーディブルのアプリ(スリープタイマー、再生速度調節)

 

「オーディブル」は複数端末や家族で共用OK。

アマゾンの聴く読書「オーディブル」とは?
アマゾン・オーディブルは、1つの契約で複数の端末、または複数人(家族)で共用できます。

端末の種類とOSの組み合わせによって、最大9台で使えます。追加料金はかかりません。無料お試し体験中でも使えます。

 

アマゾンのオーディブル「月額会員プラン」とは?【無料お試し体験対象】

アマゾン・オーディブルには、定額制の聴き放題「月額会員プラン」があります。無料体験では、このプランを30日間試せます。

「月額会員プラン」の料金と内容

アマゾン・オーディブル月額会員の特典・無料体験

オーディブルの「月額会員プラン」の利用料金や内容はこちら。

月額会員プランとは?
  • オーディオブック約12万作品が聴き放題。
  • 月額利用料は1,500円(税込み)。支払いはクレジットカードのみです。
  • 初めての利用の場合は、30日間無料で試せます。
  • 解約はいつでもできます。無料お試しだけで解約もOK。
  • 購入したい場合は3割引きになります。

単行本1冊ぐらいの値段で、12万冊読み放題(聴き放題)なので、コスパはいいです。

 

解約(退会)はいつでもOK

アマゾン・オーディブル会員のメリット・特典

無料お試しに登録する際に、心配になるのが解約(退会)のこと。

オーディブルの月額会員プランの契約は1ヶ月単位。最低利用期間などの縛りはありません。無料体験の場合も、お試し利用だけでやめられます。期間中に手続きすれば料金は発生しません。

解約手続きも簡単です。

このように、オーディブル会員は、入会しやすいですが、退会もしやすいので、安心ください。

なお、解約するとその時点で、オーディオブックの聴き放題は終了します。聴きかけのものや「ライブラリー」に登録したものは聴けなくなります。

※「購入」すると、解約したあとも、ずっと聴くことができます。

【参考】退会方法や手続きについて 

 

アマゾンのオーディオブック「オーディブル」を使った感想

アマゾン、オーディブルを使った感想

アマゾン・オーディブルのサービスや月額会員プランについては、今のところ、個人的に大きな不満はありません。

口コミなどで評価の分かれる大きな原因は、品ぞろえ。聴きたいオーディオブックがないというもの。確かに出版社や作家は限定的です。

ニーズや興味は人それぞれ違いますので、自分に合うものなかったら低評価になるのは仕方ありません。

僕の場合は、池井戸潤さんなど小説中心で聴いていますが、オーディブルは文芸書が思いのほか豊富なので、気に入っています。

自己啓発本やビジネス本、特にベストセラーや話題作は充実しています。この手のオーディオブックの方が小説より聴きやすいです。

オーディオブックには「慣れが必要」「向き不向きがある」

アマゾン・オーディブルを使った感想

耳で聴く本「オーディオブック」は独特です。最初は戸惑うことがいろいろありました。まず、音楽を聴くのとは違います。

ぼーっとは聞き流せません。ちょっと気を抜くと、内容が分からなくなります。多少とも集中することが必要。家事や仕事しながらの「ながら読書」も、けっこう難しいです。

また、自己啓発本やビジネス本などは、内容ごとに、こまめに章や節で区切られているので、比較的聴きやすいです。でも、小説となると、1つの話がずっと続くうえに、場面の切り替わりや登場人物が多いので、ついていくのが大変です。

そして、朗読される文章は書き言葉です。もともと読み聞かせる用に書かれていませんので、普段会話では使わないような単語や言い回しが出てきます。聴いていて、時々「ん?」となることもあります。

以上のようなことは、使い続けているうちに、ある程度慣れてきます。が、人によっては、どうしても無理なことも。オーディオブックには向き不向き、得手不得手が出やすいです。

そんなこんなで、オーディオブックは、いきなり買うのではなくて、最初は無料体験で試してみた方が無難です。

 

アマゾン、オーディブルを使った感想

あと、オーディブルの月額会員は、料金が毎月1,500円かかりますが、1、2冊聴くと、すぐに元が取れるので、気が楽です。

聴き放題なので、途中で聴くのをやめても、後ろめたさがないのもいいです。

 

まずは「オーディブル」の無料お試し体験から

アマゾン・オーディブルや、オーディオブック自体が初めてのあなたは、無料お試し体験からスタートください。

30日間、オーディブル「月額会員」の特典が無料で使えます。

アマゾン、オーディブル無料お試し体験の申し込み

先に触れたように、オーディオブック(耳で聴く本)は人によって向き不向きがあります。お試し体験でオーディオブックが1冊無料で買えるので、実際の使い勝手を確認してみてください。

無料お試しの申し込み(入会)はいつでもできます。すでにあなたがAmazon会員でしたら、手続きに1分もかかりません。完了した時点からすぐに使えます。

無料で「オーディブル」を試してみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました