雑誌読み放題サービスの「週刊文春」最新号は要注意【電子版とは違う】

動画配信サービス

雑誌読み放題サービスの「週刊文春」最新号の注意点、電子書籍版との違い

お悩み中
お悩み中

「週刊文春」の最新号が、インターネットの雑誌の読み放題サービスで読めるみたいだけど、料金的にも、この方が普通に紙版や電子書籍版を買うよりメリットあるよね?

こんな疑問にお答えします。

この記事の内容
  • 「週刊文春」の最新号を「雑誌読み放題サービス」で読む際の注意点を紹介します。

ここ最近、数々のスクープ記事「文春砲」で名を馳せている週刊誌の「週刊文春」。

紙の雑誌を買わなくても、同時に電子書籍版も発売されているので、スマホやパソコンからインターネットで最新号を読めるようになっています。また、一部の「雑誌読み放題サービス」でも最新号が配信されています。

「雑誌読み放題サービス」は、「週刊文春」とあわせて、他にもいろんな雑誌が読めるうえに、料金が安くて、かなり魅力的なものなんですが、実は落とし穴があるんです。

ここでは、「週刊文春」を、「雑誌読み放題サービス」で読む際に知っておきたい注意点をまとめました。

ミキマサ
ミキマサ

この記事を読むと、「週刊文春」目当てで「雑誌読み放題サービス」に入会して、後悔することを防げます。

読み放題サービス版「週刊文春」の注意点

「雑誌読み放題サービス」とは?

雑誌読み放題サービスの「週刊文春」最新号の注意点、電子書籍版との違い

「週刊文春」の最新号は、インターネットの「雑誌読み放題サービス」でも読むことができます。

「雑誌読み放題サービス」というのは、毎月定額の料金を払うことで、配信されている雑誌を全部、スマホやパソコンで1ヶ月間好きなだけ読みまくれるというサービスです。

その月々の料金が安くて、「週刊文春」1冊と同じくらい。ワンコイン(500円)以下です。それで、何百種類の最新の雑誌が読めるので、めっちゃお得です。

ミキマサ
ミキマサ

「週刊文春」が読める「雑誌読み放題サービス」については後述します。

読み放題サービス版では文春砲が読めない!

そんなお得な「雑誌読み放題サービス」なんですが、知っておくべき注意点、”落とし穴”があります。

実は、「週刊文春」の読み放題サービス版には、基本的に目玉の特集記事が収録されていないんです!

雑誌読み放題サービスの「週刊文春」最新号の注意点、電子書籍版との違い

目玉記事、特集記事というのは、電車の中吊りなどの広告で目立つ見出しのもの。大スクープの「文春砲」もこれに当たります。

例えば、上の例では、黄色い枠の記事が、読み放題サービス版には載っていません

読み放題サービス版の「週刊文春」は、市販されている紙版と同じ内容ではないんです。

このことは、読み放題サービス版の最初にも説明書きがあります。

雑誌読み放題サービスの「週刊文春」最新号の注意点、電子書籍版との違い

ただ、その”掲載されない記事”が、よりによって目玉の特集記事なので、それを読む目的で「雑誌読み放題サービス」に入会すると、後悔することになっちゃいます。

「週刊文春」の読み放題サービス版で読めるものは、連載ものが中心と思った方が良いです。

具体的なところは、「雑誌読み放題サービス」によっては、入会しなくても「目次」が見られたり、実際にサービスを無料で利用できたりしますので、確認してみてください。

「雑誌読み放題サービス」のメリットは、「週刊文春」の目玉記事が読めなくても、ほかの膨大な雑誌が安く読めること。情報収集や自己啓発、暇つぶしには便利です。一度、お試しで利用してみることをおすすめします。

読み放題サービス版に目玉記事や特集記事が収録されていないのは、「週刊文春」に限ったことではありません。他の週刊誌でも、程度の差はあっても同じです。読めない記事があることは、「雑誌読み放題サービス」のデメリットといえます。

ちなみに、読み放題サービス版に収録されていない特集記事は、「週刊文春」の紙版のほか、「電子書籍版」で読むことができます。電子書籍版は、紙書籍版とほとんど同じ内容です。

Amazonや楽天koboなど主な電子書籍を扱っているサイトで単体で買うことができます。

紙書籍版 通常号 440円
電子書籍版 通常号 400円

なお、「電子書籍版」は、文春が直接、特集記事の先行配信や過去記事の読み放題を提供している「電子版」(月額2,200円)とは異なります。

 

【参考】「週刊文春」最新号が読める「雑誌読み放題サービス」

雑誌読み放題サービスの「週刊文春」最新号の注意点、電子書籍版との違い

今時点で、「雑誌読み放題サービス」を提供している会社は、10社ほどあるんですが、そのなかで、

  1. 「週刊文春」が参加している。
  2. 「週刊文春」最新号の配信が早い(紙版と同時期)。
  3. 毎月の料金が「週刊文春」の値段並み。ワンコイン以下。
  4. 初めてなら無料で試せる。

という条件がそろっているところは、以下の2社です。「週刊文春」を扱っているところ自体が、そもそも少数派なんです。

読み放題サービス 月額料金(税込み) 読める雑誌数
楽天マガジン 418円(年払い3,980円) 約700誌
dマガジン 440円 約700誌

「楽天マガジン」「dマガジン」とも、「週刊文春」のほかにも700誌の雑誌が読めて、しかも、月々の料金は500円以下と手ごろです。

「週刊文春」は最新号だけでなく、過去4か月分のバックナンバーも読めます。

「週刊文春」以外にも、ちょくちょく買っている週刊誌がある人もいると思いますが、掲載されていない記事にそれほどこだわりがなければ、「楽天マガジン」「dマガジン」の2社は、ラインナップが充実しているので、買う必要がなくなりますよ。

浮いたお金は、飲み代や趣味代に回したり、家計を節約したりできます。

また、複数の端末(スマホ、タブレット、パソコン)で同時に使えるので、家族と共用も可能です。

 

【総合週刊誌の参加状況(2021年8月現在)】

楽天マガジン dマガジン
週刊文春
週刊朝日
週刊新潮
週刊現代
週刊ポスト
週刊大衆 ×
サンデー毎日
SPA(スパ)
週刊アサヒ芸能 ×
週プレ ×
フライデー
FLASH
週刊女性
週刊女性自身
週刊女性セブン

それでは、「楽天マガジン」と「dマガジン」がどちらがいいのか、ということですが、実際のところは、使い勝手も含めて、甲乙つけがたいです。

ちなみに、「週刊文春」を含めて、「楽天マガジン」と「dマガジン」両方で配信されている読み放題サービス版は同じ内容です。

選択のポイントはまずこの2点。

  • 雑誌の取り揃え(ラインナップ)。「週刊文春」以外に、読んでいる雑誌や興味のある雑誌があるか。
  • 楽天ポイント、dポイントを貯めているか。

あとは、スマホアプリや閲覧画面の操作や機能が、あなたのスマホやパソコンで実際に使ってみて、使い勝手がどうかです。

でも、どちらかに決めてしまう必要は全くありません。契約しても、月単位でいつでも変更や解約できます。

幸い、「楽天マガジン」と「dマガジン」では、入会しなくても、参加雑誌の一覧や各誌の「目次」を確認できます。また、初めての利用の場合、31日間無料で試せます。

お試し期間中に解約手続きをすれば、料金は発生しないので、それぞれで気軽に体験してみることをおすすめします。

楽天マガジン無料お試しはこちら

dマガジンの無料お試しはこちら

 

ミキマサ
ミキマサ

どうしても迷って決められないなら、まずは料金が安い「楽天マガジン」が無難ですよ。

 

まとめ:「週刊文春」の読み放題サービス版は要注意

雑誌読み放題サービスの「週刊文春」最新号の注意点、電子書籍版との違い

「週刊文春」の最新号は、インターネットの「雑誌読み放題サービス」でも読むことができます。

「雑誌読み放題サービス」は、お手頃な料金で「週刊文春」以外にも多くの雑誌が読めて、魅力的なんですが、そこで配信されている「週刊文春」には、その号の目玉になる特集記事が掲載されていません。

中吊り広告で目立つ見出しの記事や「文春砲」に繋がった話題の記事は、「雑誌読み放題サービス」では読めないので、注意が必要です。

「週刊文春」以外の雑誌でも同じです。読み放題サービス版の内容は、市販の紙書籍版(電子書籍版)とは違っているんです。

この点に特にこだわりがなければ、「週刊文春」は、雑誌読み放題サービスの「楽天マガジン」と「dマガジン」で読むことができます。

 

ミキマサ
ミキマサ

「楽天マガジン」「dマガジン」のどちらも、初めての31日間、無料で試せますので、多少でも興味があれば、実際に使ってみて、どんなものか確認してみては。

コメント

タイトルとURLをコピーしました