NHKオンデマンドをAmazonで利用するデメリット3点【要確認】

動画配信サービス

NHKオンデマンドを Amazon(アマゾン)で利用するデメリットとメリット

お悩み中
お悩み中

NHKオンデマンドがAmazonでも見られることを知ったけど、Amazonを通すことで、どんなメリットやデメリットがあるの?料金は?無料で試せるの?

こんなお悩みにお答えします。

この記事の内容
  • NHKオンデマンドをAmazonで利用する方法、料金
  • NHKオンデマンドをAmazonで利用するメリットとデメリット。

NHKオンデマンドは、NHKでこれまでに放送された番組のうち約10,000本が見られるインターネット動画配信サービスです。NHKが運営しています。

僕は、断続的に利用しているんですが、過去の大河ドラマや朝ドラ、NHKスぺシャルなど、何かしら見つけては見ています。

あと、最新番組の見逃し配信もやっていて、けっこう便利です。

このNHKオンデマンドですが、NHKオンデマンド本体に直接登録するほかに、Amazonプライムビデオなど他社のサービスを通して利用することもできます。

ここでは、AmazonプライムビデオでNHKオンデマンドを利用する際のメリット(良いこと)とデメリット(注意すること)のうち、特にデメリットを中心にまとめました。

 

ミキマサ
ミキマサ

この記事を読むと、AmazonプライビデオでのNHKオンデマンドについて、分からないこと、心配なことが解消できます。

AmazonでNHKオンデマンドを利用するには?

NHKオンデマンドを Amazon(アマゾン)で利用する方法、料金、デメリットとメリット

AmazonでNHKオンデマンドを利用するには、最初に「アマゾンプライム」の会員になる必要があります。

一般の会員は利用できません。

「アマゾンプライム」とは、Amazonが提供している有料の会員サービスです。

毎月500円、または年間4,900円の会費で、次のようなサービス・特典が利用できます。登録料や入会費はかかりません。学割のプランもあります(月額250円)。

テレビなどでよく宣伝している動画配信サービスのアマゾン「プライムビデオ」は、「アマゾンプライム」のサービスなかの1つになります。

プライム会員の主な特典
  • 「プライムビデオ」で見放題配信している動画、オリジナル作品を見られます。
  • 希望によって「プライムビデオチャンネル」も追加利用できます(別料金)。
  • 200万曲の音楽が聴き放題で楽しめます。
  • 対象の電子書籍、雑誌(数百冊)が読み放題で読めます(Prime Reading)。
  • スマホやデジカメで撮影した写真を制限なく保存できます。
  • アマゾンが直接発送する商品を購入した場合、送料は無料になります。配送日時の指定や「お急ぎ便」も追加料金なしで利用できます。
  • 商品によっては会員割引価格で買えます。また、タイムセールでは一般会員より30分先行して注文できます。
  • 同居家族最大2人で使えます。

「プライム会員」は、任意で「プライムビデオチャンネル」という動画サービスも追加で利用できます。

「プライムビデオチャンネル」には、映画、アニメ、ニュース、音楽、バラエティなどの約50のチャンネルがあります。見たいチャンネルがあったら、チャンネル単位で申し込んで利用します。

そのチャンネルのなかの1つに、NHKオンデマンドがあります。

プライムビデオチャンネルの最新一覧

つまり、AmazonでNHKオンデマンドを利用するには、「アマゾンプライム」の会員になって、そしてNHKオンデマンドのチャンネルを追加するという流れになります。

今、あなたが「プライム会員」でしたら、手続きはNHKオンデマンドのチャンネル追加だけです。支払い方法やプライムビデオのスマホアプリはそのままで使えます。

初めて「アマゾンプライム」の会員になる場合、上記の会員特典が30日間無料で試せます。お試し利用だけして解約もOK。

ただし、NHKオンデマンドは料金がかかります。

 

プライム会員の30日間無料お試しについてNHKオンデマンドを Amazon(アマゾン)で利用する方法、料金、デメリットとメリットNHKオンデマンドを Amazon(アマゾン)で利用する方法、料金、デメリットとメリット

 

AmazonでNHKオンデマンドを利用するメリット

NHKオンデマンドを Amazon(アマゾン)で利用するメリット

先にNHKオンデマンドを、NHKオンデマンド本体直接ではなく、Amazonで利用した場合のメリットを、ざっくりとみておきましょう。

なお、NHKオンデマンドは、NHKで登録しても、Amazon経由でも、見られる番組内容は同じです。

Amazon利用のメリット
  • テレビでの視聴に対応しています(対応テレビやFireTV、 Chromecastなど端末が必要です)。NHK自体は非対応です。
  • 4K画質配信の番組に対応しています。
  • 同時に最大3台の機器(同じ番組は最大2台)で視聴できます。NHK本体では1台のみ。
  • スマホアプリが使いやすいです。NHKのアプリは早送りや再生速度の変更など機能がありません。
  • プライムビデオで見放題配信しているNHK以外の動画も見られます。
  • NHKに個人情報が知られません。

Amazonのメリットのなかで、特に注目点は、テレビ画面での視聴に対応していることです。

インターネット対応のテレビやゲーム機、FireTVなどがあれば、NHKオンデマンドをテレビの画面で見られます。

一方、NHKオンデマンド本体は、テレビ視聴に対応していません(キャストも不可)。スマホ、タブレット、パソコンでしか利用できません。

 

AmazonでNHKオンデマンドを利用するデメリット(注意点)

NHKオンデマンドを Amazon(アマゾン)で利用することのデメリット、注意点

AmazonでNHKオンデマンドを利用するにあたっては、次のようなデメリット(注意点)もありますので、利用登録する前に確認しておきましょう。

Amazon利用のデメリット
  1. NHKオンデマンド番組単品の購入はできません。
  2. NHKオンデマンドだけの利用ができません。
  3. 無料のお試し期間はありません。

 

【その1】NHKオンデマンド番組単品の購入はできません。

NHKオンデマンドを Amazon(アマゾン)で利用する方法、料金、デメリットとメリット

NHKオンデマンドの料金設定には、配信中の全番組(約10,000本)が見られる定額制の「まるごと見放題パック」と、見たい番組を1本単位で買える「単品購入」の2つがあります。

まるごと見放題パック 月額990円(税込み)※1ヶ月間全配信番組が見放題
番組の単品購入 番組1本110円、または220円(税込み)※購入後72時間見放題

しかし、Amazonでは「まるごと見放題パック」しか利用できません。

このため、特定の番組だけとか、見逃した放送回だけを見たいというときは不便です。

ただ、「まるごと見放題パック」は単品購入に比べるとコスパが良く、目的の番組以外にも何かしら見るものがあるはずなので、元は取りやすいです。

なお、NHKオンデマンドは受信料の支払いに関係なく利用できます(NHKオンデマンドと受信料の関係)。

 

【その2】NHKオンデマンドだけの利用ができません。

NHKオンデマンドを Amazon(アマゾン)で利用する方法、料金、デメリットとメリット

先にも触れましたが、AmazonでNHKオンデマンドを利用する場合、必ず「アマゾンプライム」に追加するというかたちになります。NHKオンデマンドだけの利用はできません。

これは、繰り返しになりますが、AmazonのNHKオンデマンドは、「アマゾンプライム」の会員向けのチャンネルという位置づけになっているからです。

このため、NHKの番組だけを見たい!他の動画は要らない!という人には向きません。

当然、料金も「アマゾンプライム」の会費とNHKオンデマンドの利用料の両方が毎月必要です。

NHKオンデマンドを Amazon(アマゾン)で利用する方法、料金、デメリットとメリット

ちなみに、NHKオンデマンドの契約は、毎月1日から末日までの1ヶ月単位になっています。月単位でいつでも入ったり、やめたりできます。

月の途中でも登録や解約は可能ですが、その月の利用料金が満額かかります(日割りなし)。

NHKオンデマンドは月初めに申し込むのがベストです。

「アマゾンプライム」とNHKオンデマンド契約期間について

 

「アマゾンプライム」とNHKオンデマンドは、それぞれ契約期間が違っています。

サービス 契約期間(更新タイミング)
アマゾンプライム会員 登録日(入会日)から30日間ごとに更新
NHKオンデマンド 毎月1日に更新(契約期間は1日から末日まで)

このため、下の例のように、ほとんどの場合、契約更新のタイミングがズレます。

NHKオンデマンドを Amazon(アマゾン)で利用する際のデメリット、注意点

なお、解約は「アマゾンプライム」NHKオンデマンドとも、それぞれの契約期間単位で可能です。

ここで特に要注意なのは、「アマゾンプライム」を解約した場合、NHKオンデマンドも自動的に解約になるということです。

例えば、上図の例で「アマゾンプライム」を9月18日の期間満了で解約すると、NHKオンデマンドも、(月末まで契約期間が残っていますが)その日から見られなくなってしまいます。9月分の利用料もまるまる請求されます。

このため、NHKオンデマンドの利用を念頭に「アマゾンプライム」に入会するときは、解約のことも考えて、そのタイミングを計った方がいいです。プライム会員の無料トライアルだけでやめるつもりでしたら、特に。

 

【その3】無料のお試し期間はありません。

インターネット動画配信サービスの多くでは、初めての利用者向けに、2週間~1ヶ月間くらいの無料のお試し期間が設けてあります。

どんな動画作品があるのか?とか、自分のスマホやパソコンでちゃんと見られるのか?とか、画質や操作性はどうなのか?などなど、疑問や心配に思っていることを、実際に無料で確認できるので、なかなかありがたい仕組みです。

先に触れましたが、「アマゾンプライム」には30日間の無料トライアルが用意されています。でも、NHKオンデマンドには無料期間はありません

AmazonでNHK番組を見ると、申し込んだ瞬間に月額利用料990円が課金されます。注意が必要です。

アマゾンプライム無料お試し登録

 

NHKオンデマンドは、U-NEXTで実質無料で試せます。

NHKオンデマンドを Amazon(アマゾン)利用する際のデメリット、注意点は無料のお試し期間が無いこと

NHKオンデマンドには、そもそもNHKオンデマンド本体でも無料期間がありません。

でも、動画配信サービスの「U-NEXT(ユーネクスト)」で唯一、実質無料で最大1か月間試すことができます。

また、U-NEXTはテレビ画面での視聴に対応済みで、AmazonではできないNHKオンデマンドだけの利用や番組の単品入も可能です。

NHKオンデマンドの利用が初めてなら、U-NEXTで無料で試してみるといいですよ。

U-NEXTでNHKオンデマンドを無料お試し

 

【参考記事】

 

まとめ:NHKオンデマンドをAmazonで利用するデメリット(注意点)

NHKオンデマンドを Amazon(アマゾン)で利用する方法、料金、デメリットとメリット

NHKのインターネット動画配信サービスNHKオンデマンドは、Amazonで登録して利用もできます。

下図のように、メリットとデメリットの両方あります。なかでも特に、AmazonではNHKオンデマンドだけの利用ができない点に注意が必要です。

必ず月額500円の「アマゾンプライム」に、追加するかたちになります。

このため、AmazonでNHKオンデマンドを利用すると、毎月の料金は、プライム会費500円+NHKオンデマンド990円の合計1,490円。

「プライムビデオ」の見放題など「アマゾンプライム」のいろんな会員特典が使えますが、NHKオンデマンドだけを利用したい場合は、高くついてしまいます。

なお、Amazonが提供するNHKオンデマンドは、配信番組が全て見られる「まるごと見放題パック」限定。番組単品の購入はできません。

【NHKオンデマンド比較表】

NHK直 Amazon U-NEXT
NHKオンデマンドだけの利用 ×
NHKオンデマンド番組の単品購入 ×
まるごと見放題パックの利用
NHK以外の動画の視聴 ×
テレビ画面での視聴対応 ×
4K配信への対応 ×
NHKオンデマンド番組を同時視聴できる最大機器台数 1台 3台 1台
NHKオンデマンドの無料お試し体験 × ×
公式サイトへのリンク NHKオンデマンド公式サイト NHKオンデマンドをAmazonで見るメリットとデメリット(注意点) NHKオンデマンドをU-NEXT(ユーネクスト)で無料お試し

なお、NHKオンデマンドを無料で試してみたいという場合は、AmazonやNHKなどではできませんが、U-NEXT(ユーネクスト)で唯一可能になっています。

※2022年(令和4年)1月現在の内容です。最新情報は各社の公式サイトなどで確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました