夏のコラーゲン鍋

蒸し暑いなか家に帰ると、晩飯がなんと鍋!何の鍋かときくと「コラーゲン鍋」だという。基本は醤油だしベースの寄せ鍋だけど、グザイが鶏の皮や手羽先、豚の軟骨、鮭の切り身なコラーゲンが多いといわれてるものばかり。嫁はコラーゲンが染み出したであろう出汁ばかりのんで、自分はエキスが抜けた肉や身の処理。久しぶりに会った友達の肌ツヤがよくて、その秘訣を聞くと年中コラーゲン鍋を食べているとか。

コラーゲンはタンパク質なので、食べても分解されてアミノ酸になるだけで、コラーゲンの効果はないと、以前何かでみた気がするけど、いうのはやめておいた。信じるものは救われる。効果があると信じていれば、体には何かしら良い作用があるだろう。

それにしても、夏の鍋はやめてほしい。全身汗だく。ビールはめちゃうまかったけど。

コメントの一覧

まだコメントはありません。

コメントを投稿