老眼?目のピントが合いにくくなってきた・・

毎日仕事柄、長時間パソコンに向かっているためか、最近特に目が悪くなってきた。視力の低下はもちろんだが、それよりも目の焦点(ピント)がすぐに合いづらくなってきてることが気になっている。

例えば、パソコンの画面を見ていて、ふと離れた壁の時計に視線を移すと、スムーズにピント調節ができない。カメラのオートフォーカスが被写体に対してピントを合わせようとしているのとまさに同じ。それもすぐに合わず少し悩んでいるときに。こんなことが視線を変えるたびに起こるので、困っている。

どうやら調べてみると、この現象は老眼の前兆のよう。老眼と言うと高齢者がなるイメージがあるけど、40歳前後、早いと35歳でも始まるのだとか。

そんなときに50代半ばの上司にファンケル「えんきん」というサプリを教えてもらった。目のピント調節力を改善するというもので、まさに自分の症状とぴったり。その上司も老眼気味で、この「えんきん」を数年摂っているのだとか。摂らないと目の調子が随分違うとのこと。

そのまま上司の前でネット検索してみた。ファンケル「えんきん」通販で安いお試し用があったので、即購入。4週間でピント調節力が改善したという試験結果が公表されていたので、期待してみようと思う。

それにしても、自分も老眼が気になる年代になってきたとは、どこか寂しい。

コメントの一覧

まだコメントはありません。

コメントを投稿