祖母の遺品整理で着物買取サービスを利用してみた。

先日大阪在住の祖母が亡くなり、家族や親戚たちと遺品整理をした。

祖母は慎ましい生活を送るごくごく普通の年金生活者だったので、宝飾類など取り立ててお宝的な品物はなったけど、意外なことに着物が十数枚出てきた。私が物心ついてからこれまで祖母が着物を着ていた記憶がない。親たちも同様だった。

その場に着物に詳しい人はおらず、価値があるものなのかどうか分からない。欲しいという親戚もいない。着物を見てみると、大島紬や加賀友禅とか書いた札が付いているものもあるけど、分けて持ち帰っても扱いに困るし、かといって、家具や家電などと一緒に廃品回収業者に処分してもらうのも気が引けるしもったいない。

そこで、スマホで着物の買い取りを検索すると、大阪で着物出張買取サービスというものがあることを知った。そのうちの1社に電話してみると、タイミングよく1時間後には来れるというので依頼してみた。買取価格に納得できなければキャンセルしてもいいということ。

そして、時間通りに係の人がやって来た。思いのほか若くてびっくり。しかし着物についてはやはり詳しい。タブレットでいろいろ本部?と連絡しながら、粛々と査定を進めていく。10分ほどで査定は完了。そして気になる値段は、約20万円!期待していなかっただけに歓声が上がる。実のところ着物の買い取り価格はそう高くはないそうだが、祖母の着物はいい品だったそう。すぐに同意すると、即金で支払ってくれた。このスピード感にも驚いた。

ちょうど、納骨などの費用をどうするかを悩んでいたところだったので、この20万円で一気に解決。祖母は子供や孫たちに迷惑や負担をかけることはなかった。祖母らしい。

コメントの一覧

まだコメントはありません。

コメントを投稿